【転職・就職のための企業研究】株式会社ACCESSが3ステップでわかる

企業研究-サムネイル-株式会社ACCESS

株式会社ACCESSといえば日本のベンチャー企業の代表的存在だ。

現在IoT事業に注力し、ビジネスを展開しているシステム開発企業だ。

この記事では株式会社ACCESSの財務データをもとに企業研究を行う。

【転職・就職のための企業研究】株式会社ACCESSが3ステップでわかる

企業研究-サムネイル-株式会社ACCESS

株式会社ACCESS (以下: ACCESS)はIoT事業に力を入れているシステム開発企業だ。

特にセンサー向けソフトなどの組み込み開発に注力している。

企業研究-事業別売上高構成比率-株式会社ACCESS

展開している事業は上図の通りだ。

【Step 1】損益計算書からACCESSの収益性をみる

損益計算書の数字からACCESSの収益性を見てみよう。

企業研究-売上高-株式会社ACCESS

売上高、売上総利益、営業利益は伸び悩んでいる。

営業利益は一時期赤字だったが、現在は黒字化した。

企業研究-成長率-株式会社ACCESS

前年比成長率は上図の通りだ。

2019年1月期の成長率は良い。

企業研究-売上総利益率-株式会社ACCESS

2019年1月期の売上総利益率は45.38%。

ビジネスとして非常に素晴らしい数字だ。

企業研究-売上高営業利益率-株式会社ACCESS

2019年1月期の売上高営業利益率は6.56%。

悪くはない数字だが、やや物足りない。

販売費および一般管理費のうち多くを占めるのは給料及び手当だ。

【Step 2】貸借対照表からACCESSの安全性をみる

次は貸借対照表の数字から安全性を見ていく。

企業研究-株主資本比率-株式会社ACCESS

直近の株主資本比率は94.8%。

一般的に30%から40%が望ましい水準だ。

したがってACCESSの株主資本比率の非常に安全な水準だ。

ACCESSは金融機関からほぼ借入を行っていない。

企業研究-固定長期適合率-株式会社ACCESS

直近の固定長期適合率は16.90%。

固定長期適合率は100%以下が望ましいと言われる。

したがって固定長期適合率も非常に安全な水準だ。

ACCESSは固定資産をほぼ所有していない身軽な企業体質だ。

企業研究-流動比率-株式会社ACCESS

直近の流動比率は2037.75%だ。

流動比率は100%以上が望ましい水準だ。

したがって流動比率も非常に安全な水準だ。

ACCESSは圧倒的にキャッシュを所持している。

ここまでキャッシュが豊富だと、資金運用効率が悪いとみられる可能性もある。

他方で、キャッシュが豊富であることで、様々な領域でチャレンジが可能だ。

【Step 3】キャッシュフロー計算書からACCESSのお金事情をみる

企業研究-キャッシュフロー-株式会社ACCESS

直近のキャッシュ・フロー(以下: CF)の数値を見てみよう。

営業活動によるCFはプラス、投資活動によるCFは大きなマイナス、財務活動によるCFはマイナスだ。

フリーCFは大きなマイナスだ。

投資活動に非常に積極的である。

CFは健全ではないが、キャッシュが豊富であるからできる技だ。

この投資を、将来の事業として成長されることが当面の課題だ。

まとめ

ACCESSはベンチャースピリットを保ち続けている企業だ。

稼ぐ力はあまり強くない。

他方で、企業の安全性は非常に高い。

CFは健全ではないが、資金力が強いおかげで積極的に投資を行える状態だ。

このサイトでは5分でわかる企業研究レポートを書いている。他のレポートもぜひとも読んでほしい。

各指標の意味を知りたい人はこの記事をチェックしてほしい。

この記事を機に読者の皆様自身の視点を得られたら幸いだ。

もっと調べたい読者様向け

他のIT企業についてもっと知りたい読者様は下の記事一覧を見てほしい。

IoT関連企業記事一覧

ITサービス企業記事一覧

SaaS企業記事一覧

本記事で使った資料

株式会社ACCESS IR情報

株式会社ACCESS 採用情報

株式会社ACCESS 2019 年1月期 決算短信〔日本基準〕(連結)

株式会社ACCESS 平成30 年1月期 決算短信〔日本基準〕(連結)

株式会社ACCESS 平成29 年1月期 決算短信〔日本基準〕(連結)

株式会社ACCESS 平成28 年1月期 決算短信〔日本基準〕(連結)

SNSでもご購読できます。

人気記事一覧

コメントを残す

*