【3 steps 企業研究】5分でわかるデータセクション株式会社

企業研究-サムネイル-データセクション

データセクション株式会社はビッグデータ解析の企業だ。

この記事ではデータセクション株式会社の財務データをもとに企業研究を行う。

【3 steps 企業研究】5分でわかるデータセクション株式会社

企業研究-サムネイル-データセクション

データセクション株式会社(以下: データセクション)はビッグデータ解析を主軸にする企業だ。

SNSのデータ解析に強みをもつ。

【Step 1】損益計算書からデータセクションの収益性をみる

損益計算書の数字からデータセクションの収益性を見てみよう。

企業研究-売上高-データセクション

売上高は順調に成長している。

売上総利益と営業利益もおおむね増加傾向にある。

企業研究-成長率-データセクション

前年比成長率は上図の通りだ。

売上高の成長力は良好だ。

2018年3月期は売上総利益、営業利益ともに減少していた。

2019年3月期は売上総利益、営業利益ともに大きく成長している。

企業研究-売上総利益率-データセクション

2019年3月期の売上総利益率は39.37%。

売上総利益率は下降傾向にある。

売上高の増加に伴い原価率が上昇する事業構造となっている。。

企業研究-売上高営業利益率-データセクション

2019年3月期の売上高営業利益率は9.27%。

2016年3月期に大きく低下して以降、横ばいで推移している。

売上高営業利益率9.27%は良い数値だ。

しかし、売上高営業利益率が乱高下することは珍しい。

データセクションのビジネスモデルは変動費の割合が大きいと思われる。

【Step 2】貸借対照表からデータセクションの安全性をみる

次は貸借対照表の数字から安全性を見ていく。

企業研究-株主資本比率-データセクション

直近の株主資本比率は68.42%。

一般的に30%から40%が望ましい水準だ。

したがってデータセクションの株主資本比率の安全水準だ。

企業研究-固定長期適合率-データセクション

直近の固定長期適合率は41.55%。

固定長期適合率は100%以下が望ましいと言われる。

したがって固定長期適合率も安全水準だ。

企業研究-流動比率-データセクション

直近の流動比率は325.16%だ。

流動比率は100%以上が望ましい水準だ。

したがって流動比率も安全水準だ。

【Step 3】キャッシュフロー計算書からデータセクションのお金事情をみる

企業研究-キャッシュフロー-データセクション

直近のキャッシュ・フロー(以下: CF)の数値を見てみよう。

営業活動によるCFはプラス、投資活動によるCFはマイナス、財務活動によるCFはプラスだ。

フリーCFは大きなマイナスだ。

このCFの状態は、事業が順調で投資を積極的に行っている企業にみられる状態だ。

しかし、フリーCFが2期連続マイナスだ。

稼ぎに対して大きすぎる投資をしているも考えられる。

まとめ

データセクションは、今はまだ良好な状態だ。

稼ぐ力は、低下傾向ではあるが現状そこそこに強い。

安全指標も、悪化傾向にあるが現状はまだまだ安全水準だ。

CFも、フリーCFはマイナスだが営業CFだ。

資金調達もできていて積極的に投資できる案件も有している。

投資案件の成果が、データセクションの今後の成長を左右する。

仮に投資案件が失敗したら、財務状況をリカバリーするのは難しい状態にある。

このサイトでは5分でわかる企業研究レポートを書いている。他のレポートもぜひとも読んでほしい。

各指標の意味を知りたい人はこの記事をチェックしてほしい。

この記事を機に読者の皆様自身の視点を得られたら幸いだ。

もっと調べたい読者様向け

当サイトでは以下の業種の企業研究レポートを掲載している。

ビッグデータ関連企業記事一覧

IoT関連企業記事一覧

SaaS企業記事一覧

ITサービス企業記事一覧

オススメ動画

本記事で使った資料

データセクション株式会社 IR情報

データセクション株式会社 採用情報

データセクション株式会社 2019年3月期 決算短信[日本基準](連結)

データセクション株式会社 平成30年3月期 決算短信[日本基準](連結)

データセクション株式会社 平成29年3月期 決算短信[日本基準](連結)

データセクション株式会社 平成28年3月期 決算短信[日本基準](連結)

SNSでもご購読できます。

人気記事一覧

コメントを残す

*