【4 steps 企業研究】5分でわかる株式会社ダブルスタンダード

ダブルスタンダード-サムネイル-企業研究

株式会社ダブルスタンダードはビッグデータ処理に強みを持つ企業だ。

この記事では株式会社ダブルスタンダードの財務データをもとに企業研究を行う。

【4 steps 企業研究】5分でわかる株式会社ダブルスタンダード

ダブルスタンダード-サムネイル-企業研究

株式会社ダブルスタンダード(以下: ダブルスタンダード)はビッグデータ処理に強みをもつ企業だ。

ダブルスタンダードの事業内容

ダブルスタンダードは以下の2つの事業を展開している。

  • ビッグデータ関連事業
  • サービス企画開発事業

ビッグデータ関連事業

当事業では、企業内でバラバラに存在するデータを収集・抽出・加工し、顧客の要望に合ったデータへと昇華させるサービスを提供する。

  • 取得情報活用型サービス
  • PDF情報活用型サービス
  • 顧客DB活用型サービス
  • 帳票型サービス | チラシ活用型サービス

サービス企画開発事業

当事業では、ビッグデータ処理技術を基盤に、顧客企業のサービス運営、マーケティング活動をサポートする。

  • WEB変更検知
  • リアルタイム情報取得
  • データ解析サポート
  • その他データ活用

【Step 1】損益計算書からダブルスタンダードの収益性をみる

損益計算書の数字からダブルスタンダードの収益性を見てみよう。

ダブルスタンダード売上高-売上総利益-営業利益-事業利益の推移-企業研究売上高、売上総利益、営業利益、事業利益ともに増加傾向だ。

きれいな右肩上がりだ

事業の成長力がにじみ出ている。

ダブルスタンダードの収益性指標

ダブルスタンダード売上総利益率の推移-企業研究2019年3月期の売上総利益率は51.72%だ。

ここ5年の売上総利益率の推移は下降傾向だ。

売上高の拡大に伴う原価の増加だ。

ダブルスタンダード売上高営業利益率の推移-企業研究2019年3月期の売上高営業利益率は30.79%だ。

やや上昇傾向だ。

売上高の増加に伴う販管費の増加はない。

反対に、販管費は減少している。

ストック型ビジネスの特徴が顕著に表れている。

ダブルスタンダードROAの推移-企業研究2019年3月期のROAは40.36%だ。

2016年3月期に大きく低下したがその後は上昇傾向にある。

数値的には大いに優秀なROAだ。

集めた資本を非常に効率的に活用している。

ダブルスタンダード売上高事業利益率と総資本回転率の推移-企業研究ROAの内訳である売上高事業利益率と総資本回転率は上図の通りだ。

2019年3月期の売上高事業利益率は31.15%。

2019年3月期の総資本回転率は129.56%だ。

これを見るとROAの向上は総資本回転率の上昇によるものだ。

数字通り130%の力を発揮して事業に取り組んでいる。

※ROA=売上高事業利益率*総資本回転率

※事業利益=営業利益+営業外収益

【Step 2】貸借対照表からダブルスタンダードの安全性をみる

ダブルスタンダード株主資本の推移-企業研究

株主資本は驚異的なスピードで増加している。

貸借対照表の数字からダブルスタンダードの安全性を見てみよう。

ダブルスタンダードの安全性指標

ダブルスタンダード自己資本比率の推移-企業研究

直近の自己資本比率は79.28%。

望ましいとされる理論値は30%から40%だ。

したがって、ダブルスタンダードの自己資本比率は非常に安全な水準だ。

ダブルスタンダード固定長期適合率の推移-企業研究

直近の固定長期適合率は13.52%。

望ましいとされる理論値は100%以下だ。

したがって、ダブルスタンダードの固定長期適合率は非常に安全な水準だ。

ダブルスタンダード流動比率の推移-企業研究

直近の流動比率は431.92%。

望ましいとされる理論値は100%以上だ。

したがって、ダブルスタンダードの流動比率は非常に安全な水準だ。

ダブルスタンダード当座比率の推移-企業研究

直近の当座比率は428.54%。

優良とされる理論値は120%以上だ。

したがって、ダブルスタンダードの流動比率は優良水準だ。

【Step 3】損益計算書と貸借対照表からダブルスタンダードの資産効率性をみる

損益計算書と貸借対照表の数字からダブルスタンダードの事業効率性を見てみよう。

ダブルスタンダードの効率性指標

ダブルスタンダード手元流動性比率の推移-企業研究

直近の手元流動性比率は7.07倍だ。

月の売上高の約7倍の現預金を有している。

約16億5800万円だ。

この金額が多いか少ないかは意見が分かれるところだ。

他方で、成長産業であるビッグデータ解析業界の経営環境を考えれば妥当な金額だと考えられる。

ダブルスタンダード売上債権と買入債務の回転期間推移-企業研究2019年3月期の売上債権回転期間は約9日。

2019年3月期の買入債務回転期間は約25日。

収入が早く、支出が遅いとても理想的な資金繰りだ。

売上債権回転期間の短さはストック型ビジネスの特徴といえる。

【Step 4】キャッシュフロー計算書からダブルスタンダードのお金事情をみる

ダブルスタンダードの直近のキャッシュ・フロー(以下: CF)の数値を見てみよう。

ダブルスタンダードのキャッシュフロー

ダブルスタンダードキャッシュフローの推移-企業研究

営業活動によるCFは大きなプラス、投資活動によるCFはマイナス、財務活動によるCFはマイナスだ。

フリーCFは大きなプラスだ。

素晴らしいCFの推移だ。

営業活動で大きく稼ぐ体制が整っている。

2016年3月期に調達した資金がしっかりと効果を発揮したと言える。

【4 steps 企業研究】まとめ

ダブルスタンダードは稼ぐ力が非常に強い企業だ。

また企業としての安全性も抜群に高い。

資産効率性も高く、CFも良好だ。

非常に優秀な経営と営業活動を行っている企業だ。

もっと調べたい読者様向け

当サイトでは以下の業種の企業研究レポートを掲載している。

ビッグデータ関連企業記事一覧

IoT関連企業記事一覧

SaaS企業記事一覧

ITサービス企業記事一覧

オススメの動画

本記事で使った資料

株式会社ダブルスタンダード IR情報

2019年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結)

平成30年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結)

平成29年3月期決算短信〔日本基準〕(連結)

平成28年3月期決算短信

SNSでもご購読できます。

人気記事一覧

コメントを残す

*