【3 steps 企業研究】5分でわかる株式会社ミロク情報サービス

企業研究-サムネイル-株式会社ミロク情報サービス

株式会社ミロク情報サービスは業務ソフトウェアの開発・販売を行う企業だ。

この記事では株式会社ミロク情報サービスの財務データをもとに企業研究を行う。

【3 steps 企業研究】5分でわかる株式会社ミロク情報サービス

企業研究-サムネイル-株式会社ミロク情報サービス

株式会社ミロク情報サービス(以下:ミロク情報サービス)は業務ソフトウェアの開発・販売を手掛ける企業だ。

特に、会計事務所への業務ソフトの販売を強みとしている。

【Step 1】損益計算書からミロク情報サービスの収益性をみる

損益計算書の数字からミロク情報サービスの収益性を見てみよう。

企業研究-売上高-株式会社ミロク情報サービス

売上高、売上総利益、営業利益はともに堅調に増加している。

企業研究-成長率-株式会社ミロク情報サービス

前年比成長率は上図の通りだ。

ここ4年の成長率は非常に優れている。

企業研究-売上総利益率-株式会社ミロク情報サービス

2019年3月期の売上総利益率は63.71%。

事業として大変素晴らしい数値だ。

企業研究-売上高営業利益率-株式会社ミロク情報サービス

2019年3月期の売上高営業利益率は16.50%。

良好な数値だ。

売上高営業利益率の推移からも効率的な企業経営を行えている。

【Step 2】貸借対照表からミロク情報サービスの安全性をみる

次は貸借対照表の数字から安全性を見ていく。

企業研究-株主資本比率-株式会社ミロク情報サービス

直近の株主資本比率は45.08%。

一般的に30%から40%が望ましい水準だ。

したがってミロク情報サービスの株主資本比率の安全水準だ。

企業研究-固定長期適合率-株式会社ミロク情報サービス

直近の固定長期適合率は54.25%。

固定長期適合率は100%以下が望ましいと言われる。

したがって固定長期適合率も安全水準だ。

企業研究-流動比率-株式会社ミロク情報サービス

直近の流動比率は293.16%だ。

流動比率は100%以上が望ましい水準だ。

したがって流動比率も安全水準だ。

【Step 3】キャッシュフロー計算書からミロク情報サービスのお金事情をみる

2019年3月期のキャッシュ・フロー(以下: CF)の数値を見てみよう。

営業活動によるCFはプラス、投資活動によるCFはマイナス、財務活動によるCFはプラスだ。

フリーCFはプラスだ。

積極的な投資を行う企業によくみられるCFの状態だ。

2019年3月期の財務活動によるCFのプラス要因は金融機関からの長期借入、新株予約権付社債の発行だ。

投資活動によるCFでは無形固定資産の取得に資金が使われているが、調達した資金の具体的な使い道について記載はなかった

主力製品の改良やクラウドサービスシリーズの開発に資金が使われていると考えられる。

まとめ

ミロク情報サービスは稼ぐ力が強い。

その要因は会計事務所と地域金融機関とのパートナーシップ関係を構築した営業活動だ。

会計事務所や地域金融機関とともにユーザー企業にアクセスできる。

そのため新規顧客開拓コストを抑えられ、改題解決に注力した提案営業が行える。

このような営業活動を維持するために必要な開発体制や組織体制、子会社の専門性の強化に投資を行っている。

キャッシュを稼ぐ好循環が生まれている。

このサイトでは5分でわかる企業研究レポートを書いている。他のレポートもぜひとも読んでほしい。

各指標の意味を知りたい人はこの記事をチェックしてほしい。

この記事を機に読者の皆様自身の視点を得られたら幸いだ。

もっと調べたい読者様向け

当サイトでは以下の業種の企業研究レポートを掲載している。

IoT関連企業記事一覧

SaaS企業記事一覧

ITサービス企業記事一覧

ビッグデータ関連企業記事一覧

オススメ動画

本記事で使った資料

株式会社ミロク情報サービス IR情報

株式会社ミロク情報サービス 採用情報

株式会社ミロク情報サービス 2019年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結)

株式会社ミロク情報サービス 平成30年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結)

株式会社ミロク情報サービス 平成29年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結)

株式会社ミロク情報サービス 平成28年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結)

SNSでもご購読できます。

人気記事一覧

コメントを残す

*