【3 steps 企業研究】5分でわかる双日株式会社

企業研究-サムネイル-双日

双日株式会社は日本の大手総合商社だ。

この記事では双日株式会社の財務データをもとに企業研究を行う。

【3 steps 企業研究】5分でわかる双日株式会社

企業研究-サムネイル-双日

双日株式会社(以下: 双日)は日本を代表する大手総合商社だ。

企業研究-事業別売上高構成比率-双日

展開している事業は上図の通りだ。

【Step 1】損益計算書から双日の収益性をみる

損益計算書の数字から双日の収益性を見てみよう。

企業研究-トップライン-双日

売上高、売上総利益、営業利益の推移は上図の通りだ。

企業研究-成長率-双日

前年比成長率は上図の通りだ。

企業研究-売上総利益率-双日

2019年3月期の売上総利益率は12.98%。

2015年3月期から約2%上昇している。

企業研究-売上高営業利益率-双日

2019年3月期の売上高利益率は3.64%。

売上高利益率も上昇傾向だが3.64%という数字はやや物足りない数字だ。

【Step 2】貸借対照表から双日の安全性をみる

次は貸借対照表の数字から安全性を見ていく。

企業研究-株主資本比率-双日

直近の株主資本比率は26.92%。

一般的に30%から40%が望ましい水準だ。

したがって双日の株主資本比率水準の安全でない。

企業研究-固定長期適合率-双日

直近の固定長期適合率は71.16%。

固定長期適合率は100%以下が望ましいと言われる。

したがって固定長期適合率は安全水準だ。

企業研究-流動比率-双日

直近の流動比率は157.06%だ。

流動比率は100%以上が望ましい水準だ。

したがって流動比率は安全水準だ。

【Step 3】キャッシュフロー計算書から双日のお金事情をみる

企業研究-キャッシュフロー-双日

直近のキャッシュ・フロー(以下CF)の数値を見てみよう。

営業活動によるCFはプラス、投資活動によるCFはマイナス、財務活動によるCFはマイナスだ。

フリーCFはプラスだ。

健全なCFだ。営業で稼いでしっかり投資している。

まとめ

総合商社の業績はマクロの経済環境に強く影響される。

マクロ経済の動きを調べてみると面白い発見があるだろう。

このサイトでは5分でわかる企業研究レポートを書いている。他のレポートもぜひとも読んでほしい。

各指標の意味を知りたい人はこの記事をチェックしてほしい。

この記事を機に読者の皆様自身の視点を得られたら幸いだ。

もっと調べたい読者様向け

もっと詳しく調べたいという読者様むけの情報です。

オススメ動画

Sojitz Brand Channel-双日公式Youtubeチャンネル

本記事で使った資料

双日株式会社 採用情報

双日株式会社 IR情報

双日株式会社 2019年3月期 決算短信〔IFRS〕(連結)

双日株式会社 平成30年3月期 決算短信〔IFRS〕(連結)

双日株式会社 平成29年3月期 決算短信〔IFRS〕(連結)

双日株式会社 平成28年3月期 決算短信〔IFRS〕(連結)

サイト内関連記事

財務情報が示す豊田通商の実態【面接で一目置かれる企業分析】

数字が示す三井物産の現実|面接で一歩先を行く企業分析

伊藤忠商事の企業分析|数字が示す華やかなイメージの実態

SNSでもご購読できます。

人気記事一覧

コメントを残す

*