金融・投資・証券分析用語辞典-ア行

イールドカーブ

イールドカーブ (yield curve)とは、デフォルトリスクと発行通貨が等しく、満期だけが異なる債券のスポットレートや最終利回りを縦軸に、残存年数を横軸にとってプロットした点を、スムーズな曲線で結んだものです。

続きを読む

運用報酬

運用報酬 (management fee)とは、投資家から預かった資産を運用会社が運用することへの対価です。

続きを読む

運用スタイル

運用スタイル (management style)とは、投資の基本となる考え方や、方法論を表したものです。

続きを読む

運用指図

運用指図 (investment instruction)とは、確定拠出年金において、加入者が個人別管理資産について行う運用の指図を指す語として使われます。

続きを読む

運営管理機関

運営管理機関 (DC administrator, DC provider)とは、確定拠出法年金法に定める運営管理業務を営む銀行その他の法人です。

続きを読む

売り建玉

売り建玉 (short account)とは、信用取引、先物、オプション取引、外為取引などで、売り付けはしているものの、決済が済んでいない取引、または残高のことです。

続きを読む

受渡適格銘柄

受渡適格銘柄 (deliverable issue)とは、国債先物取引において、現渡しで決済を行う際に、売り方から買い方へ引き渡すことができる銘柄のことです。

続きを読む

OTDモデル

OTDモデル (originate-to-distribute model)とは、信用リスクの移転スキームの1つで、売却を前提にローンを組成することです。

続きを読む

オーバーアロットメント

オーバーアロットメント (over allotment)とは、株式のIPO、POなどで、当初予定数量を超える需要があった場合、主幹事証券会社は、発行会社の大株主などから一時的に株券を借り、同一条件で追加的に投資家に販売することです。

続きを読む

アンダーパー

アンダーパー (under par)とは、額面を基準とした債券価格の状態のことで、額面よりも債券価格が低い状態のことを言います。

アンダーパーの状態の債券を購入すれば、最終利回りは表面利率を上回ります。

アンダーパーの債券を購入して、満期まで保有すると、債券購入価格と額面の差額の分だけ利益が発生します。

この利益のことを償還差益と呼びます。

債券を発行する際に、額面価格よりも低い価格で発行することをアンダーパー発行、あるいは、割引発行 ( 英語でdiscount issue ) と呼びます。

なお、額面よりも債券価格が高い状態のことをオーバーパーと言い、額面と債券価格が等しい状態のことをパーと言います。