オプティム と エコモット | 企業研究 資産効率性比較

企業研究-サムネイル-効率性-ecomott-optim

本企業研究レポートは、 オプティム と エコモット の比較研究を行う。

両社ともIoT領域のベンチャー企業だ。

具体的には、以下のような比較研究を行う。

  1. ROAの比較
  2. 収益性の比較とビジネスモデルの分析
  3. 資産効率性の比較

本エントリでは、資産効率性の比較を行う。

オプティム と エコモット | 企業研究 資産効率性比較

企業研究-サムネイル-効率性-ecomott-optim

本エントリでは、エコモットとオプティムの資産効率性指標を比較する。

具体的には、売上債権回転期間と手元流動性比率を比較する。

本エントリで使用する指標の計算式は以下の通り。

売上債権回転期間=365日÷(売上高÷売上債権)

売上債権=受取手形+売掛金

手元流動性比率=(現金及び預金+市場売買可能有価証券)÷(売上高÷12)

総資本回転率の比較

企業研究-総資本回転率-エコモット-オプティム

ROAの比較で確認したとおり、総資本回転率は、エコモットが2017年3月期から低下。オプティムは上昇傾向にある。

売上債権回転期間の比較

企業研究-売上債権回転期間-ecomott-optim

エコモットとオプティムの各年度有価証券報告書をもとに筆者作成

上図表は売上債権回転期間の比較だ。

これは、「製品・サービスを売った代金を回収するのに何日かかるのか」を表す指標だ。

回収に必要な日数は短ければ短い方が良い。

エコモットの2019年3月期売上債権回転期間は約217日。

今日売った製品・サービスの代金が約7か月後に振り込まれることを意味する。

オプティムの2019年3月期売上債権回転期間は約78日。

今日売った製品・サービスの代金が約2か月半後に振り込まれることを意味する。

手元流動性比率

企業研究-手元流動性比率-ecomott-optim

エコモットとオプティムの各年度有価証券報告書をもとに筆者作成

上図表は手元流動性比率の比較だ。

これは、企業が「月商の何倍の資金を手元に取っておいているのか」を表す指標だ。

この数値が高いと、企業の支払い力が強く、倒産の可能性が低くなる。一方で、資産の運用効率は悪くなる。

反対に、この数値が低いと、資産の運用効率は高いが、一方で企業の支払い力が弱く、倒産の可能性が高くなる。

エコモットの2019年3月期手元流動性比率は6.49倍。

オプティムの2019年3月期手元流動性比率は2.47倍だ。

資産運用効率の面からみると、オプティムの方が効率が高い。

また、エコモットの手元資金は大部分が投資信託で保有していた。

まとめ

本エントリでは、エコモットとオプティムの資産効率性の比較を行った。

比較した結果、エコモットは相対的に、売上債権回転期間が長く、かつ手元流動性比率は高かった。

一方、オプティムは相対的に、売上債権回転期間が短く、かつ手元流動性比率は低かった。

資産効率性の側面から言えば、オプティムの方が効率性が高かった。

現状を打破したいあなたに贈る3つのステップ

今の環境を変えたい!と思っている皆様におすすめの3つの方法をご紹介します。

 

環境を変えたい !と思ったときの3つの方法

1.  現在の環境を紙に書きだす。

2.  自分が思う理想の環境をイメージして紙に書きだす。

3.  それほど親しくないレベルの知り合いに自分の現状を話す。

 

1. 現在の環境を紙に書きだす。

現在の環境を紙に書きだしてみてください。

例えば:

自分は今どういう環境にいるのか。

今の環境で上手くできている点はなにか。

今の環境で上手くできていない点はなにか。

なぜ今の環境を変えたいと思っているのか。

環境が変われば自分はどうなることができるのか。

このように、今の自分の環境を紙に書きだすことで、客観的に現状を見ることができます。

紙に書くことで、「自分のこの考えは間違っていない」、「あっちとこっちの考えは矛盾している」といったように頭の中を整理できます。

 

2. 自分が思う理想の環境をイメージして紙に書きだす。

現在の環境を整理できたら、次は自分が理想とする環境を紙に書きだします。

例えば:

自分の強みを発揮するにはどういう環境が良いのか。

自分の弱みを改善するにはどういう環境が良いのか。

自分の思う理想の環境は、現在の環境と比べてどう違うのか。

もし自分の理想とする環境を手に入れたら何を始めるのか。

もし自分の理想とする環境を手に入れたら何をやめるのか。

このように、理想の環境を紙に書きだすことで、自分が今欲しがっているものが何なのかを整理できます。

さらに、今の環境でも手に入れることができるものや、始められることが見つかるかもしれません。

 

3. それほど親しくないレベルの知り合いに自分の現状を話す。

自分の現在の環境と、自分が欲しいと思う理想の環境がわかったら、最後は人にじゃべってみましょう。

紙に書きだしたことをしゃべるだけですが、話す内容が頭の中できっちり整理されていないと意外としゃべることができません。

スラスラしゃべることができたら、あなたは自分の現状と、理想をしっかりと整理できたことになります。

ここでポイントが2つあります。

1つは、「それほど親しくないけど知っている」レベルの知り合いにしゃべることです。

理由は、しっかりと話を聞いてくれるからです。

親しすぎる友人だと、あなたのことを思いすぎて、あなたが全部話し終える前に積極的にアドバイスをくれたりします。

しかし、ここで必要なのは、あなた自身の考えをあなたの声で人に伝えることです。

なので、自分の話をしっかり、全部、最後まで聞いてくれる人を選ぶことがポイントです。

2つ目のポイントは、「とりあえず話してみる」ことです。

やってはいけないことは、

「考えがまとまらないから話すのはあとで」とか

「まだ現状と理想がわからないから話すのはあとで」というように、

自分の考えを他人に話すことを先延ばしにすることです。

自分の考えを人に話すことで、もやもやしていた部分も晴れてきます。

自分の考えを人に話すことで、「これって実は正しかったのかも」とか「これって実は間違いだったか」と気づくことができます。

自分の考えを人に話すことは、最初はつらい、恥ずかしいと思うかもしれませんが、勇気を出して「とりあえず話して」みてください。

そして安心してください。「あなたの言葉であなたの考えを話す」これができる人は最高にカッコいいです!

 

まとめ

1.  現在の環境を紙に書きだす。

2.  自分が思う理想の環境をイメージして紙に書きだす。

3.  それほど親しくないレベルの知り合いに自分の現状を話す。

SNSでもご購読できます。

人気記事一覧

コメントを残す

*