総合商社ROA比較 企業研究レポート

企業研究-サムネイル-五大総合商社

総合商社ROA比較 企業研究レポート

このエントリは、総合商社5社のROAを比較した企業研究レポートだ。

具体的には、以下の点を比較、調査する。

  1. 各社のROAを比較する
  2. ROAの比較から見つけた疑問点を調べる
  3. ビジネスモデル分析と収益予想

本エントリでは、各社のROAを比較する。

【ROAから始める企業研究】五大商社のROA比較【総合商社】

企業研究-サムネイル-五大総合商社

本企業研究レポートは、五大総合商社の比較研究を行う。

本レポートでいう五大総合商社とは、以下の5社を指す。

  • 三菱商事株式会社
  • 三井物産株式会社
  • 丸紅株式会社
  • 住友商事株式会社
  • 伊藤忠商事株式会社

本エントリでは、各社のROAを比較し、疑問点を見つけて、整理する。

本エントリで使用する指標の計算式は以下の通り。

ROA=当期利益÷総資本=売上高事業利益率×総資本回転率

当期利益率=当期利益÷連結収益

総資本回転率=連結収益÷総資本

各社のROA比較

企業研究-ROA-五大総合商社

各社の有価証券報告書をもとに筆者作成

三菱商事のFY2018ROAは3.91%。

三井物産のFY2018ROAは3.61%。

丸紅のFY2018ROAは3.51%。

住友商事のFY2018ROAは4.27%。

伊藤忠商事のFY2018ROAは5.40%。

ROAの図表を見ると、気になる点が3つある。

  1. 三菱商事と三井物産のROAは、FY2015でマイナスに転落し、その後上昇している。
  2. 住友商事のROAはFY2014でマイナスだったが、その後は毎期上昇で推移している。
  3. 伊藤忠商事のROAは、直近5期、総合商社5社の中で一番良い数値を維持している。

続いて、ROAを、当期利益率と総資本回転率に分解し、比較する。

当期利益率の比較

企業研究-当期利益率-五大総合商社

各社の有価証券報告書をもとに筆者作成

三菱商事のFY2018当期利益率は4.01%。

三井物産のFY2018当期利益率は6.21%。

丸紅のFY2018当期利益率は3.23%。

住友商事のFY2018当期利益率は6.33%。

伊藤忠商事のFY2018当期利益率は4.70%。

各社の当期利益率の推移をみると、FY2015の三菱商事と三井物産の当期利益率がマイナスだ。

両社のFY2015ROAがマイナスに転落した要因は、当期利益率の下落であることが分かる。

また、三菱商事と三井物産、伊藤忠商事のFY2018当期利益率がガクッと下がっている。

これは「新会計基準(IFRS第15号)適用の影響」による収益の増加が要因だ。

当期利益率の推移比較を見ると気になる点は以下の通りだ。

  1. 三菱商事と三井物産のFY2015当期利益率はなぜマイナスになったのか。
  2. 住友商事と丸紅の当期利益率はなぜ上昇傾向なのか。

総資本回転率の比較

企業研究-総資本回転率-五大総合商社

各社の有価証券報告書をもとに筆者作成

三菱商事のFY2018総資本回転率は97.40%。

三井物産のFY2018総資本回転率は58.24%。

丸紅のFY2018総資本回転率は108.70%。

住友商事のFY2018総資本回転率は67.44%。

伊藤忠商事のFY2018総資本回転率は114.87%。

三菱商事と三井物産、伊藤忠商事のFY2018総資本回転率がドッと上がっている。

これも先述のとおり、「新会計基準(IFRS第15号)適用の影響」による収益の増加が要因だ。

また、住友商事の総資本回転率がFY2014から上昇を続けている。

先述の当期利益率でも住友商事は上昇傾向になる。

したがって、住友商事のROAが毎期上昇で推移しているのは、当期利益率と総資本回転率の両方が上昇しているからだ。

総資本回転率の推移比較を見ると気になる点は以下の通りだ。

  1. なぜ丸紅一社だけが総資本回転率100%を上回っているのか。
  2. 住友商事の総資本回転率が上昇し続けている理由は何なのか。

【気になる点の整理】ROAの比較から見つけた気になる点

  1. 伊藤忠商事のROAが、直近5期、総合商社5社の中で一番良い数値を維持している理由は何なのか。
  2. 三菱商事と三井物産のFY2015当期利益率はなぜマイナスになったのか。
  3. 住友商事と丸紅の当期利益率はなぜ上昇傾向なのか。
  4. 住友商事の総資本回転率が上昇し続けている理由は何なのか。
  5. なぜ丸紅一社だけが総資本回転率100%を上回っているのか。

まとめ

本エントリでは、総合商社5社のROAの推移、当期利益率の推移、総資本回転率の推移を比較し、気になる点を列挙した。

次エントリでは、これらの気になる点を調べていく。

SNSでもご購読できます。

人気記事一覧

コメントを残す

*