ビッグデータ | ダブルスタンダードとデータセクションのROA比較

企業研究-サムネイル-ROA-ダブルスタンダード-データセクション

ダブルスタンダードとデータセクションは、両社とも ビッグデータ 分析領域のベンチャー企業だ。

具体的には、以下のような比較研究を行う。

  1. ROAの比較
  2. ビジネスモデルの分析と収益性の比較

本エントリでは、ROAの比較を行う。

ビッグデータ | ダブルスタンダードとデータセクションのROA比較

企業研究-サムネイル-ROA-ダブルスタンダード-データセクション

本エントリでは、ダブルスタンダードとデータセクションのROAの推移を比較する。

さらにROAの内訳である売上高事業利益率と総資本回転率の比較をする。

収益性と資産効率性の二つの側面から、両社を比較していく。

本エントリで使用する指標の計算式は以下の通り。

ROA=事業利益÷総資本=売上高事業利益率×総資本回転率

売上高事業利益率=事業利益÷売上高

総資本回転率=売上高÷総資本

事業利益=営業利益+営業外収益

ROAの比較

企業研究-ROA-ダブルスタンダード-データセクション

ダブルスタンダードとデータセクションの各年度有価証券をもとに筆者作成

ダブルスタンダードの2019年3月期ROAは40.36%だ。

データセクションの2019年3月期ROAは3.75%だ。

同じビッグデータ分析領域の企業であるが、ROAは二社で大きく違う。

ダブルスタンダードのROAは、FY2016で大きく低下しているが、その後は向上している。

一方、データセクションのROAは低下傾向だ。

かつデータセクションのROAは低水準で推移している。

売上高事業利益率の比較

企業研究-売上高事業利益率-ダブルスタンダード-データセクション

ダブルスタンダードとデータセクションの各年度有価証券をもとに筆者作成

ダブルスタンダードの2019年3月期売上高事業利益率は31.15%。

データセクションの2019年3月期売上高事業利益率は9.42%だ。

ダブルスタンダードは高水準で横ばいだ。

一方ダブルスタンダードは下落傾向だ。

売上高事業利益率も両社間で全く異なる水準だ。

総資本回転率の比較

企業研究-総資本回転率-ダブルスタンダード-データセクション

ダブルスタンダードとデータセクションの各年度有価証券をもとに筆者作成

ダブルスタンダードの2019年3月期総資本回転率は129.56%。

データセクションの2019年3月期総資本回転率は39.87%だ。

ダブルスタンダードの総資本回転率は、FY2016に大きく低下したが、その後は上昇傾向になる。

一方、データセクションの総資本回転率は低水準で横ばいだ。

まとめ

ダブルスタンダードとデータセクションのROAは全く違ったレベルの数値だった。

さらに、ROAの内訳である売上高事業利益率と総資本回転率の数値も両社対称的な数値だった。

ダブルスタンダードの売上高事業利益率と総資本回転率は相対的に良い水準だ。

一方、データセクションの売上高事業利益率と総資本回転率は相対的に悪い水準だ。

次エントリでは、両社のビジネスモデルの分析と収益性の比較を行う。

現状を打破したいあなたに贈る3つのステップ

今の環境を変えたい!と思っている皆様におすすめの3つの方法をご紹介します。

 

環境を変えたい !と思ったときの3つの方法

1.  現在の環境を紙に書きだす。

2.  自分が思う理想の環境をイメージして紙に書きだす。

3.  それほど親しくないレベルの知り合いに自分の現状を話す。

 

1. 現在の環境を紙に書きだす。

現在の環境を紙に書きだしてみてください。

例えば:

自分は今どういう環境にいるのか。

今の環境で上手くできている点はなにか。

今の環境で上手くできていない点はなにか。

なぜ今の環境を変えたいと思っているのか。

環境が変われば自分はどうなることができるのか。

このように、今の自分の環境を紙に書きだすことで、客観的に現状を見ることができます。

紙に書くことで、「自分のこの考えは間違っていない」、「あっちとこっちの考えは矛盾している」といったように頭の中を整理できます。

 

2. 自分が思う理想の環境をイメージして紙に書きだす。

現在の環境を整理できたら、次は自分が理想とする環境を紙に書きだします。

例えば:

自分の強みを発揮するにはどういう環境が良いのか。

自分の弱みを改善するにはどういう環境が良いのか。

自分の思う理想の環境は、現在の環境と比べてどう違うのか。

もし自分の理想とする環境を手に入れたら何を始めるのか。

もし自分の理想とする環境を手に入れたら何をやめるのか。

このように、理想の環境を紙に書きだすことで、自分が今欲しがっているものが何なのかを整理できます。

さらに、今の環境でも手に入れることができるものや、始められることが見つかるかもしれません。

 

3. それほど親しくないレベルの知り合いに自分の現状を話す。

自分の現在の環境と、自分が欲しいと思う理想の環境がわかったら、最後は人にじゃべってみましょう。

紙に書きだしたことをしゃべるだけですが、話す内容が頭の中できっちり整理されていないと意外としゃべることができません。

スラスラしゃべることができたら、あなたは自分の現状と、理想をしっかりと整理できたことになります。

ここでポイントが2つあります。

1つは、「それほど親しくないけど知っている」レベルの知り合いにしゃべることです。

理由は、しっかりと話を聞いてくれるからです。

親しすぎる友人だと、あなたのことを思いすぎて、あなたが全部話し終える前に積極的にアドバイスをくれたりします。

しかし、ここで必要なのは、あなた自身の考えをあなたの声で人に伝えることです。

なので、自分の話をしっかり、全部、最後まで聞いてくれる人を選ぶことがポイントです。

2つ目のポイントは、「とりあえず話してみる」ことです。

やってはいけないことは、

「考えがまとまらないから話すのはあとで」とか

「まだ現状と理想がわからないから話すのはあとで」というように、

自分の考えを他人に話すことを先延ばしにすることです。

自分の考えを人に話すことで、もやもやしていた部分も晴れてきます。

自分の考えを人に話すことで、「これって実は正しかったのかも」とか「これって実は間違いだったか」と気づくことができます。

自分の考えを人に話すことは、最初はつらい、恥ずかしいと思うかもしれませんが、勇気を出して「とりあえず話して」みてください。

そして安心してください。「あなたの言葉であなたの考えを話す」これができる人は最高にカッコいいです!

 

まとめ

1.  現在の環境を紙に書きだす。

2.  自分が思う理想の環境をイメージして紙に書きだす。

3.  それほど親しくないレベルの知り合いに自分の現状を話す。

SNSでもご購読できます。

人気記事一覧

コメントを残す

*