経済ニュース 2019/08/20 振り返り

経済ニュース20190820

経済ニュース 2019/08/20 振り返り

米国債、逆イールドから遠ざかる-米財務省が100年債発行を検討。

米、ファーウェイ禁輸強化 一部例外措置は90日延長。

ダウ249ドル高、世界経済への悲観的見方和らぐ。

米経済は好調、利下げなら次の景気後退悪化も=ボストン連銀総裁。

米印首脳が電話会談、モディ首相は貿易交渉再開に意欲。

豪中銀:利下げはエビデンス次第、非伝統的手段も検証-議事要旨。

香港の5-7月失業率、2年ぶりに上昇-小売・外食業界の低迷響く。

トランプ大統領の支持率43%と7月から2ポイント低下-最新世論調査。

マイナス金利は「軽い麻薬」、欧州企業は利用拒む-資金調達進まず。

米国債、逆イールドから遠ざかる-米財務省が100年債発行を検討

米政府が100年債の発行を検討

債券トレーダー: 50年債や100年債が発行されれば米国債イールドカーブの形状を恒久的に変えることになる

出所: ブルームバーグ

米、ファーウェイ禁輸強化 一部例外措置は90日延長

米政権はファーウェイが既存のネットワークや携帯電話の安全性を保つために必要な部材やソフトウエアに限り、輸出を許可してきた。19日に期限を迎えたこの猶予措置を11月18日まで延ばす。

ロス商務長官「米消費者がファーウェイ製品から離れるのを促す中、混乱を避けるためにもう少し時間が必要だ」

トランプ氏「ファーウェイとは一切ビジネスをしたくない」

出所: 日本経済新聞

ダウ249ドル高、世界経済への悲観的見方和らぐ

世界経済への悲観的見方和らいだ要因

  • 17日 中国人民銀行(中央銀行)、企業の借入コスト低下と減速している景気を後押しすることにつながる金利改革を公表
  • 18日 ショルツ独財務相、ドイツには将来の経済危機に「総力を挙げて」対処する健全な財政があるとの見方を示し、最大500億ユーロ(550億ドル)の追加支出が可能であることを示唆
  • 19日ロス米商務長官、米政府が中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)に対する米一部製品の禁輸措置の執行猶予を90日間延長(11月18日まで)する。

出所: ロイター

米経済は好調、利下げなら次の景気後退悪化も=ボストン連銀総裁

19日、ローゼングレン総裁(米ボストン地区連銀)

  • 米経済情勢は依然として好調
  • 利下げは懸念すべき借り入れの増大につながる恐れがある
  • 利下げを支持する意向はない
  • 「現時点で大き過ぎるリスクを負うよう働きかけることはリスクを一段と大きくする」
  • 「世界の状態は弱い。そのため緩和する環境ではないと言うつもりはない。一段と減速するような事態に陥っているということを確認したいだけだ」

出所: ロイター

米印首脳が電話会談、モディ首相は貿易交渉再開に意欲

ホワイトハウス「両首脳は貿易拡大を通じて米印関係を引き続き強化していく方法をさらに協議した。両者とも、再会を楽しみにしている」

出所: ロイター

豪中銀:利下げはエビデンス次第、非伝統的手段も検証-議事要旨

オーストラリア準備銀行(中央銀行)議事要旨「政策委員会は、金融政策の設定のさらなる変更を検討するのに先立ち、グローバルおよび国内の経済情勢を評価・検証することが適切だと判断した。持続的な成長を支えるためにこれが必要だと追加の兆候の蓄積が示唆すれば、政策委メンバーは金融政策のさらなる緩和を検討するだろう」

出所: ブルームバーグ

香港の5-7月失業率、2年ぶりに上昇-小売・外食業界の低迷響く

香港の5ー7月の失業率は季節調整後ベースで2.9%

ブルームバーグがまとめたエコノミスト7人の予想中央値は2.8%

香港当局、飲食サービス部門で「比較的顕著な失業増」

出所: ブルームバーグ

トランプ大統領の支持率43%と7月から2ポイント低下-最新世論調査

自由貿易が米国のためになるとした回答

  • 2019年は64%
  • 2017年は57%
  • 2015年は51%

(米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)調査)

トランプ大統領の支持率は43%

出所: ブルームバーグ

マイナス金利は「軽い麻薬」、欧州企業は利用拒む-資金調達進まず

自動運転革命の旗手ヴァレオ(フランスの自動車部品メーカー)のジャック・アシェンブロワ最高経営責任者(CEO)

「低金利は軽い麻薬のようなものだ」

「中毒性があり、当社としてはこれを避けたい。借り入れコストが安いから負債を増やそう、とはしない」

出所: ブルームバーグ

SNSでもご購読できます。

人気記事一覧

コメントを残す

*