経済ニュース 2019/08/21 振り返り

経済ニュース20190821

経済ニュース 2019/08/21 振り返り

イタリア首相が辞意表明、連立崩壊 同盟党首を強く非難

ボルカー・ルール改正案、自己勘定取引を緩和へ-関係者

米経済がリセッションに向かっていると思わない-SF連銀総裁

23日のパウエルFRB議長講演、トレーダーの失望招く可能性

バークレイズが仕組み商品、フラットな利回り曲線続けば10%リターン

日本株は4日ぶり反落、米中通商問題への楽観後退-素材や金融安い

2019/08/21の経済指標

イタリア首相が辞意表明、連立崩壊 同盟党首を強く非難

イタリアのコンテ首相が20日、辞意を表明した。

出所: ロイター

ボルカー・ルール改正案、自己勘定取引を緩和へ-関係者

銀行による自己勘定でのプライベートエクイティー(PE、未公開株)やヘッジファンドへの投資について、規制を緩和するなどの修正

出所: ブルームバーグ

米経済がリセッションに向かっていると思わない-SF連銀総裁

サンフランシスコ連銀のデーリー総裁、労働市場や個人消費の統計を引用し、「発表されるデータを見ると、景気拡大の継続を示す国内の力強い勢いを目にする」と指摘した。

出所: ブルームバーグ

23日のパウエルFRB議長講演、トレーダーの失望招く可能性

金利先物市場は、米金融当局が年末までに主要政策金利を少なくとも50ベーシスポイント、高い確率で75bp引き下げる可能性を織り込んでいる。

パウエル議長は、世界的なリスクから米経済を守るために金融当局として行動する方針を示してきた。しかし、それが0.5ポイントを上回る規模の利下げを意味するとする当局者は皆無だ。

出所: ブルームバーグ

バークレイズが仕組み商品、フラットな利回り曲線続けば10%リターン

米金融当局に十分な利下げ余力がなく成長やインフレを押し上げられないと投資家が懸念するシナリオで有利になる商品

出所: ブルームバーグ

日本株は4日ぶり反落、米中通商問題への楽観後退-素材や金融安い

21日の東京株式相場は4日ぶりに反落。米国と中国との通商問題に対する不安は根強く、景気の先行きが懸念された。化学や非鉄金属などの素材関連、米長期金利の低下を受けた銀行や保険など幅広い業種が下落。

出所: ブルームバーグ

2019/08/21の経済指標

アメリカ中古住宅販売件数

  • 結果 542万件
  • 予想 539万件
  • 前回 527万件

アメリカ中古住宅販売件数(前月比)

  • 結果 +2.5%
  • 予想 +2.5%
  • 前回 -1.7%

カナダ消費者物価指数(CPI)(前月比)

  • 結果+0.5%
  • 予想+0.2%

カナダ消費者物価指数(CPI)(前年比)

  • 結果+2.0%
  • 予想+1.7%

 

SNSでもご購読できます。

人気記事一覧

コメントを残す

*