科学的に 自己分析 する方法

title-how-to-scientifically-analyze-yourself

「 自己分析 した結果自分のことが分からなくなった」、「結局自分は何がやりたいのだっけ?」。今回はこのような悩みを抱えている皆様にビッグファイブという分類モデルを紹介します。

科学的に自己分析する方法|人の特性は50%遺伝子で決まっている

ビッグファイブという分類方法

ビッグファイブとはパーソナリティ分類法です。ビッグファイブは日本語だと特性五因子論と訳されます。つまり5つの因子(下図参照)に分けて、個人の人格を分類する方法です。欧米の心理学の領域では古くからビッグファイブの研究されています。日本でも欧米のビッグファイブの研究をもとに日本人の特性に合わせた研究がされています。

ビッグファイブの特徴

ビッグファイブの特徴は個人のライフスタイルを分類するという点です。このモデルは皆様の好き嫌い、趣味嗜好で特性を判断するものではありません。ビッグファイブは、皆様はどういう人間なのか、どのように生きているのかをもとに特性を分類しています。個人の特性の50%は遺伝子で決まるといわれています。したがって、ビッグファイブは客観的な自己分析に役立つといえます。

ビッグファイブで分かることはバーソナリティだけ|それ以上でもそれ以下でもない

ビッグファイブで相手との接し方がわかる

ビッグファイブを使って分かることは皆様がどういう人物で、どういう判断をする傾向があるのかというバーソナリティだけです。このバーソナリティに良い、または悪いという善悪は存在しません。自分と他人のバーソナリティを知ることで、どういう面で相手と仲良くなれるのか、もしくは工夫した接し方が必要なのかの判断と対応ができるようになります。

ビッグファイブの応用

個人の特性の50%の部分は遺伝子によって先天的に決まっています。したがってビッグファイブの分類法を利用することで私たちはより客観的に自分を知ることができます。そうることによって、例えば進路を決めるときや就職、転職活動での面接対策でより明確に自分という人物を相手に伝えることが可能になります。また、ビッグファイブに精通すれば、面接官のパーソナリティを即座に分析し、自分の特性がより伝わりやすい表現をすることも可能です。

オススメのアプリと本と動画

オススメのアプリ

メンタリストDaiGo-超性格分析- 究極の相性診断(iOS版Android版)

ビッグファイブをもとにつくられた性格分析アプリです。ちなみに私のIDは以下の通りです。もしよかったらトモダチになりましょう。

超性格ID: 593-273-345

オススメの本

人生は20代で決まる

オススメの動画

現状を打破したいあなたに贈る3つのステップ

今の環境を変えたい!と思っている皆様におすすめの3つの方法をご紹介します。

 

環境を変えたい !と思ったときの3つの方法

1.  現在の環境を紙に書きだす。

2.  自分が思う理想の環境をイメージして紙に書きだす。

3.  それほど親しくないレベルの知り合いに自分の現状を話す。

 

1. 現在の環境を紙に書きだす。

現在の環境を紙に書きだしてみてください。

例えば:

自分は今どういう環境にいるのか。

今の環境で上手くできている点はなにか。

今の環境で上手くできていない点はなにか。

なぜ今の環境を変えたいと思っているのか。

環境が変われば自分はどうなることができるのか。

このように、今の自分の環境を紙に書きだすことで、客観的に現状を見ることができます。

紙に書くことで、「自分のこの考えは間違っていない」、「あっちとこっちの考えは矛盾している」といったように頭の中を整理できます。

 

2. 自分が思う理想の環境をイメージして紙に書きだす。

現在の環境を整理できたら、次は自分が理想とする環境を紙に書きだします。

例えば:

自分の強みを発揮するにはどういう環境が良いのか。

自分の弱みを改善するにはどういう環境が良いのか。

自分の思う理想の環境は、現在の環境と比べてどう違うのか。

もし自分の理想とする環境を手に入れたら何を始めるのか。

もし自分の理想とする環境を手に入れたら何をやめるのか。

このように、理想の環境を紙に書きだすことで、自分が今欲しがっているものが何なのかを整理できます。

さらに、今の環境でも手に入れることができるものや、始められることが見つかるかもしれません。

 

3. それほど親しくないレベルの知り合いに自分の現状を話す。

自分の現在の環境と、自分が欲しいと思う理想の環境がわかったら、最後は人にじゃべってみましょう。

紙に書きだしたことをしゃべるだけですが、話す内容が頭の中できっちり整理されていないと意外としゃべることができません。

スラスラしゃべることができたら、あなたは自分の現状と、理想をしっかりと整理できたことになります。

ここでポイントが2つあります。

1つは、「それほど親しくないけど知っている」レベルの知り合いにしゃべることです。

理由は、しっかりと話を聞いてくれるからです。

親しすぎる友人だと、あなたのことを思いすぎて、あなたが全部話し終える前に積極的にアドバイスをくれたりします。

しかし、ここで必要なのは、あなた自身の考えをあなたの声で人に伝えることです。

なので、自分の話をしっかり、全部、最後まで聞いてくれる人を選ぶことがポイントです。

2つ目のポイントは、「とりあえず話してみる」ことです。

やってはいけないことは、

「考えがまとまらないから話すのはあとで」とか

「まだ現状と理想がわからないから話すのはあとで」というように、

自分の考えを他人に話すことを先延ばしにすることです。

自分の考えを人に話すことで、もやもやしていた部分も晴れてきます。

自分の考えを人に話すことで、「これって実は正しかったのかも」とか「これって実は間違いだったか」と気づくことができます。

自分の考えを人に話すことは、最初はつらい、恥ずかしいと思うかもしれませんが、勇気を出して「とりあえず話して」みてください。

そして安心してください。「あなたの言葉であなたの考えを話す」これができる人は最高にカッコいいです!

 

まとめ

1.  現在の環境を紙に書きだす。

2.  自分が思う理想の環境をイメージして紙に書きだす。

3.  それほど親しくないレベルの知り合いに自分の現状を話す。

SNSでもご購読できます。

人気記事一覧

コメントを残す

*