【 IT業界 】経済産業省DXレポートまとめ前編

DX Report Summary Part 1

IT業界について、今からちょっとだけ堅苦しい話をします。

なんで堅苦しいかというと、今日お伝えするのは、未来の話だからです。

なので話の内容がピカソさんの絵画ぐらいに抽象的になるかもしれないのですが、どうか最後までお付き合いいただければと存じます。

さて、前提条件として以下の2点を言わせてください。

  • まず、これは2025年までの話です。
  • そして、経済産業省が言っている話です

決して筆者の勝手な妄想未来ではないです。

では、さっそく。

【 IT業界 】経済産業省DXレポートまとめ前編

言いたいことは2つだけです。

  1. IT業界は今後5年ぐらい人手不足だから、先端スキルを取得して、グッドな企業にサクッと就職しちゃいましょ!!
  2. 企業選びは、お給料とか、社内環境とか、自分のやりたい事とかの面から超大事なので、妥協なしで自分にとってグッドな企業を選んじゃいましょ!!

1について

  • どんな感じで人手不足なのか?
  • どんな人が欲しがられるのか?
  • 先端スキルって何なのか?

どんな感じで人手不足なのか?

ズバリ、「今あるシステムの仕組みを知っている人がいないし、新しいシステムを創れる人もいない」っていう感じの人手不足です。

つまりみんなポンコツ&脳死しててIT知っている人いないじゃん!!って状況です。

なんでこんな状況になったのか超簡単にいうと、

  • システムの開発を「こういう感じのやつがほしいから作っといて」って他人に丸投げしたり、
  • システムを「使えればいいじゃん」っていう感じでしっかり管理・メンテナンスしてこなかった

のが原因です。

どんな人が欲しがられるのか?

じゃあどんな人が企業から「スキです。ぜひ来てください」って言われるのかというと、経済産業省のレポートではこう書かれています。

そのための ITエンジニアのスキルシフトが必要とされる。

  • 要件変更を前提とした開発への対応ができるアジャイル開発の活用
  • システムを小さな機能に分割し、短いサイクルでリリースができる
  • API/Web API ベースの疎結合構造によるモジュール化されたサービスの利用による、大規模システムのコストとリスクの大幅な圧縮と変化への適用性の向上

など新しい革新的なアプリケーション・アーキテクチャの習得が重要となる

ようするに、「圧倒的スピードでの開発力と、柔軟な対応力」が必要だと言っております。

先端スキルって何なのか?

  • IoT
  • AI
  • 機械学習
  • クラウド
  • マイクロサービス
  • ブロックチェーン
  • AR/VR
  • アジャイル開発

これらが、経済産業省のレポートが列挙していた先端技術です。

ここで注意が必要なのは、経済産業省が列挙した先端技術はバズワードだということです。

残念ながら、バズワードを知っているだけでは先端スキルを取得したとは言えないです(T_T)。

どれか一つのスキルに標準を合わせて勉強して実際に応用してサービスを作ってみるのが一番の取得方法です。

次回

企業選びは、お給料とか、社内環境とか、自分のやりたい事とかの面から超大事なので、妥協なしで自分にとってグッドな企業を選んじゃいましょ!!

参考資料:

DXレポート ~ITシステム「2025年の崖」克服とDXの本格的な展開~

関連資料:

企業研究 レポート

システムインテグレーター | 3年間で最も売上高が成長した企業は?

環境を変えたい !と思ったら・・・

今の環境を変えたい!と思っている皆様におすすめの3つの方法をご紹介します。

 

環境を変えたい !と思ったときの3つの方法

1.  現在の環境を紙に書きだす。

2.  自分が思う理想の環境をイメージして紙に書きだす。

3.  それほど親しくないレベルの知り合いに自分の現状を話す。

 

1. 現在の環境を紙に書きだす。

現在の環境を紙に書きだしてみてください。

例えば:

自分は今どういう環境にいるのか。

今の環境で上手くできている点はなにか。

今の環境で上手くできていない点はなにか。

なぜ今の環境を変えたいと思っているのか。

環境が変われば自分はどうなることができるのか。

このように、今の自分の環境を紙に書きだすことで、客観的に現状を見ることができます。

紙に書くことで、「自分のこの考えは間違っていない」、「あっちとこっちの考えは矛盾している」といったように頭の中を整理できます。

 

2. 自分が思う理想の環境をイメージして紙に書きだす。

現在の環境を整理できたら、次は自分が理想とする環境を紙に書きだします。

例えば:

自分の強みを発揮するにはどういう環境が良いのか。

自分の弱みを改善するにはどういう環境が良いのか。

自分の思う理想の環境は、現在の環境と比べてどう違うのか。

もし自分の理想とする環境を手に入れたら何を始めるのか。

もし自分の理想とする環境を手に入れたら何をやめるのか。

このように、理想の環境を紙に書きだすことで、自分が今欲しがっているものが何なのかを整理できます。

さらに、今の環境でも手に入れることができるものや、始められることが見つかるかもしれません。

 

3. それほど親しくないレベルの知り合いに自分の現状を話す。

自分の現在の環境と、自分が欲しいと思う理想の環境がわかったら、最後は人にじゃべってみましょう。

紙に書きだしたことをしゃべるだけですが、話す内容が頭の中できっちり整理されていないと意外としゃべることができません。

スラスラしゃべることができたら、あなたは自分の現状と、理想をしっかりと整理できたことになります。

ここでポイントが2つあります。

1つは、「それほど親しくないけど知っている」レベルの知り合いにしゃべることです。

理由は、しっかりと話を聞いてくれるからです。

親しすぎる友人だと、あなたのことを思いすぎて、あなたが全部話し終える前に積極的にアドバイスをくれたりします。

しかし、ここで必要なのは、あなた自身の考えをあなたの声で人に伝えることです。

なので、自分の話をしっかり、全部、最後まで聞いてくれる人を選ぶことがポイントです。

2つ目のポイントは、「とりあえず話してみる」ことです。

やってはいけないことは、

「考えがまとまらないから話すのはあとで」とか

「まだ現状と理想がわからないから話すのはあとで」というように、

自分の考えを他人に話すことを先延ばしにすることです。

自分の考えを人に話すことで、もやもやしていた部分も晴れてきます。

自分の考えを人に話すことで、「これって実は正しかったのかも」とか「これって実は間違いだったか」と気づくことができます。

自分の考えを人に話すことは、最初はつらい、恥ずかしいと思うかもしれませんが、勇気を出して「とりあえず話して」みてください。

そして安心してください。「あなたの言葉であなたの考えを話す」これができる人は最高にカッコいいです!

 

【宣伝】今の環境を変えたいと思っているあなたにオススメのサービスがあります。

以下宣伝です。

1.  現在の環境を紙に書きだす。

2.  自分が思う理想の環境をイメージして紙に書きだす。

3.  それほど親しくないレベルの知り合いに自分の現状を話す。

 

この3つのことができるサービスが「転職支援サービス」です。

転職をサポートするエージェントが、あなたの書いた文章を読み、あなたの考える思いを聞いてくれます。

登録・相談は無料です。

SNSでもご購読できます。

人気記事一覧

コメントを残す

*