0ベース思考

Thinking-method-that-results

とある晴れた平日の午後2時、あなたは眠気を我慢して事務作業している。

そんな時、先輩から「ミスなく早く作業して」と言われた。

さて、皆様ならどうしますか?

  1. ブラックコーヒーを一気に飲み干し全神経を尖らせて作業に集中する
  2. いったん作業を止めて、そもそも何のためにこの作業をやっているのかを考える

成果が出る思考法【その努力、実は無駄です】

Thinking-method-that-results

シカゴ大学経済学部のスティーヴン・レヴィット教授の著書『0ベース思考』によると、成果が出るのは2の選択肢だ。

上の例は、昔筆者がOJT研修のときに、実際にあった出来事だ。

結論からいうと、私は初日に選択肢1、次の日に選択肢2を試した。

作業内容は以下の通りだ。

  • とあるCSVファイルのデータをとあるExcelファイルにコピペする。
  • 別シートに抽出された必要データをCSVファイルとして保存する。
  • 保存したCSVファイルを指定のシステムにアップロードする。
  • これを10回ループする。

選択肢1を選んだ結果【寝落ちは防げたがミスはした。それも盛大に】

コーヒーを飲んだおかげで、寝落ちは防げた。

しかし、眠いことには変わりない。

かつ不慣れも重なり、貼り付けるセルを間違えたままマクロを実行してしまった。

おかげで見たことないエラー文言が出てきたり、元々あった計算式がなくなったりと酷い有り様だった。

もちろん先輩には盛大に怒られた。今となっては色々な意味で笑い話だ。

選択肢2を選んだ結果【ノーミス。というか作業が無くなりました】

もう二度と怒られたくないと強く思った私は考えた。

なぜこの作業が必要なのだろうか。

理由は、指定のシステムにアップロードするためだ。

つまりアップロード用のCSVファイルが作成されさえすれば元の作業は無くなっても何ら問題ない。

なので私はアップロード用CSVファイル自動作成ツールを作った。

結果として、ミスしないどころか、作業自体が無くなった。

本当に解決したいことは何なのか【問いを間違えると悲惨なことになります※実体験】

問題に直面したとき最も重要なことは、本当に解決したいことは何なのかを明確にすることだ。

そして本当に解決したいことを解決するために必要なことは何なのかを考える。

今まで続けてきたことが実は全く必要なかったと判明することが多々ある。

成果を出すカギは、トコトン本質を感がることだ。

まとめ

今回紹介した思考法を実践するには、最初は難しいと感じるかもしれない。

しかしやってみると意外とシンプルに考えを整理できる。

余談だが、昔の私は上司や先輩から言われたことを、言われた通りの方法でこなしていた。

しかしそれでは私より経験が長い先輩やその他の社員を超えることはできない。

今までと同じルール上では経験が長いほうが有利だからだ。

もし、読者の皆様が本記事で紹介した方法をしっかりと実践して頂けたら、私のような無駄な努力と無駄な失敗はないはずだ。

SNSでもご購読できます。

人気記事一覧

コメントを残す

*