「わかる!わかるぞ!」ってなる勉強法2選【間違った勉強法とは今日でお別れです】

title-method-of-study

英単語を10回書く。教科書を何回も読む。重要だと思った箇所に線引く。一日8時間ぶっ通して勉強する。残念ですが、全部間違っています。本記事では、認知心理学の分野で科学的に検証された学習ツールを1つと、今すぐ実践できる勉強方法を2つ紹介します。

「わかる!わかるぞ!」ってなる勉強方法2選【間違った勉強方法とは今日でお別れです】

テストとはすなわちクイズだ|一番効果のあると科学的に検証された学習ツール

認知心理学の分野で科学的に検証された学習ツールとはすなわちテストです。テストをすることで、勉強した内容をより多く記憶できるという検証結果を示した研究は多数あります。テストというと身震いする経験を思い出すかもしれませんが、ここでいうテストとはすなわちクイズに似たようものです。例えば、studyという単語をテストする場合は下の図のようなクイズにします。

残念ながら多くの学校ではテストが正しく活用されていません。学校で行われるテストまたは試験は、ほとんどすべては点数で順位づけをするためのものです。したがって多くの人はテストを毛嫌いします。ちなみに私は、テストとお別れしたく早く大人になりたいと願ってした。大人になって資格試験というものに出会ったときの絶望はここでは割愛します。

今すぐ実践できる勉強方法2選

ここでは今すぐ実践できる2つの勉強方法を紹介します。2つともポイントは「思い出す」ことにあります。忘れかけていたときに必死に思い出す作業を行うことで長く記憶にとどめることができる。これが科学的に証明された研究結果です。

方法1: 今日勉強した科目は何日か過ぎてからまた勉強する

例えば、今日Aという内容を勉強したとします。次に復習する日まで1週間の間隔を空けます。復習する時は自分で創ったクイズ集を利用することをおススメします[1]

方法2: 色んな科目を交互に勉強していく

例えば、今日は英語、物理、数学の3科目を勉強するとします。この時、使用するテキストもしくは問題集をランダムに並べます。そしてランダムな順番の通りに勉強を進めます。

オススメの本、動画、アプリ

いかがだったでしょうか。科学的な勉強方法があることを知ったとき、ぼくは「もっと早く知りたかった!」と切実に思いました。何かを勉強する理由や勉強する方法は人それぞれだと思いますが、もしよろしければ本記事で紹介した勉強方法もお試しくださったら幸いです。

オススメの本

使える脳の鍛え方

オススメの動画

オススメのアプリ

分散学習帳 iOS Android


[1] 新しいことを勉強したとき、脳はそのイメージを作ります。これを記憶痕跡と呼びます。勉強した内容を、長く記憶に定着させるためには記憶痕跡を強化し、意味を与え、すでに知っていることと関連付けるプロセスを経る必要があります。このプロセスは数時間から数日かかります。詳しくはオススメの本で紹介されている『使える脳の鍛え方』を参照ください。

SNSでもご購読できます。

人気記事一覧

コメントを残す

*