自己喪失?自分を見失いそうになった時に知っておいて欲しい2つのこと

title-two-things-we-should-to-know-when-you-lose-sight-of-yourself

「私って何ができるのだろう?」、「こんなはずじゃなかったのになぁ」、「僕にはもっとふさわしい何かがある」。こんな悩みを抱えたときの解決方法をご紹介します。

さて、上記のような悩みは、いわゆる自己喪失というものです。多くの場合、自己喪失したとき、人は自分探しを始めます。典型的な例として一人旅があります。自分探しで自己喪失が解決する場合もあります。しかし、大多数の場合は時間とお金だけが無くなり自分は喪失したままです。

ここで重要なのは、「なぜ自己喪失しているのか」を知ることです。まず大前提として知っておくべきことは、自己喪失は誰もが経験することであるということです。決してあなた一人の問題ではありません。みんな少なくとも一回は自己喪失するのです。ですので、ひとまず自分はみんなと一緒なんだと安心してください。

自己喪失の原因は将来がわからないから【将来がわかる人なんてこの世に存在しない】

自己喪失の原因は、将来がわからないからです。「なに難しいこと言っているのだ?」と思った方、全然難しくありません。下の図をご覧ください。

つまりはこういうことです。落とし穴がどこにあるか分からないとき、私たちは怖くて道を歩けません。そうすると、「あぁ、なんで道も歩けないのだろう」とか、「道もあるけない私って何ができるのだろう」となってしまっているのです。では、次の図をご覧ください。

落とし穴の場所がわかるとどうでしょう。確かに穴の横を通るときは怖いかもしれませんが、しっかりと歩けるのではないでしょうか。

以上のように、将来がわからない結果として自己喪失に陥ります。しかし、考えてみてください。将来がわかる人なんて存在するのでしょうか。そんな人がいたら、どこかのメディアがインタビューすると思うので世に知られているはずです。要するに世の中すべての人は将来がわからないので、あなたが将来をわからないのは至って普通なことなのだということを知っておいてほしいです。

自己喪失を解決するために必要なこと【アイデンティティ・キャピタルって単語を知っといてほしい】

よし、それでは今からどうすれば自己喪失を解決できるのかを紹介します。

ちょっと小難しいのですが、アイデンティティ・キャピタルという単語を知っておいてほしいです。アイデンティティ・キャピタルとは、時間をかけて身に付けた、自分の価値を高める経験やスキルのことです。簡単に言うとあなた個人の資産のことです。例えば、ベタなものだと、学歴や仕事のキャリア、テストの成績です。その他にも、話し方や問題処理能力、他人に与える第一印象もアイデンティティ・キャピタルに含まれます。

自己喪失を解決するためには、このアイデンティティ・キャピタルを積み上げることが必要です。先に出てきた自分探しの旅でも、旅をすることが重要なのではなく、自分探しの旅でアイデンティティ・キャピタルを築くことが重要なのです。

では、具体的に何をするかというと、目の前のことに熱中することです。中学生や高校生ならテストの成績を上げることに熱中するのも良いでしょうし、部活に熱中するのも良いと思います。大学生なら研究や就職活動に熱中するのも良いと思います。社会人ならそれこそ与えられた仕事やofficeツールを極めることに熱中するのも良いと思います。

重要なのはこれらに熱中した結果、あなたがあなた自身をより強く意識し、自信を持つことにあります。自分という存在を明確にすることで自己喪失は解決します。自分の存在が明確になったのだから当たり前ですね。

本記事のまとめ

自己喪失の原因は、将来がわからないから。でも、将来をわからないのは普通のことなので問題ない。

自己喪失を解決するために知っておくべき単語は、アイデンティティ・キャピタルです。あなた個人の資産のことです。具体的には、何かに熱中することで自己喪失は解決します。熱中することであなたがあなた自身を明確に意識するからです。

いかがだったでしょうか。少しでも皆様のお役に立てたのなら幸いです。もし疑問や意見、感想があれば、お問い合わせフォーム、あるいはツイッター@delta1617でコメントお願いいたします。

では次の記事で会いましょう。バイバイ。

オススメの本と動画

オススメの本

人生は20代で決まる

オススメの動画

SNSでもご購読できます。

人気記事一覧

コメントを残す

*