自己喪失 そんな時に知って欲しい2つのこと

title-two-things-we-should-to-know-when-you-lose-sight-of-yourself

「私って何ができるのだろう?」、「こんなはずじゃなかったのになぁ」、「僕にはもっとふさわしい何かがある」。

こんな悩みを抱えたときの解決方法をご紹介します。

上記のような悩みは、いわゆる 自己喪失 というものです。

多くの場合、自己喪失したとき、人は自分探しを始めます。

一人旅は、実は○○と○○を無くすだけ

典型的な例として一人旅があります。自分探しで自己喪失が解決する場合もあります。

しかし、大多数の場合は時間とお金だけが無くなり自分は喪失したままです。

大切なのは、「なぜ自己喪失しているのか」を知ること

まず大前提として知っておくべきことは、自己喪失は誰もが経験することであるということです。

決してあなた一人の問題ではありません。

みんな少なくとも一回は自己喪失するのです。

なので、ひとまず自分はみんなと一緒なんだと安心してください。

将来がわかる人なんてこの世に存在しない

自己喪失の原因は、将来がわからないからです。「なに難しいこと言っているのだ?」と思った方、全然難しくありません。下の図をご覧ください。

つまりはこういうことです。

落とし穴がどこにあるか分からないとき、私たちは怖くて道を歩けません。

そうすると、「あぁ、なんで道も歩けないのだろう」とか、

「道もあるけない私って何ができるのだろう」となってしまっているのです。

では、次の図をご覧ください。

落とし穴の場所がわかるとどうでしょう。

確かに穴の横を通るときは怖いかもしれませんが、しっかりと歩けるのではないでしょうか。

将来がわからない→自己喪失に陥る

以上のように、将来がわからない結果として自己喪失に陥ります。

しかし、考えてみてください。

将来がわかる人なんて存在するのでしょうか。

そんな人がいたら、どこかのメディアがインタビューすると思うので世に知られているはずです。

要するに、あなたが将来をわからないのは至って普通なことなのです。

自己喪失を解決する【アイデンティティ・キャピタル】という単語

よし、それでは今からどうすれば自己喪失を解決できるのかを紹介します。

ちょっと小難しいのですが、アイデンティティ・キャピタルという単語を知っておいてほしいです。

アイデンティティ・キャピタルとは、時間をかけて身に付けた、自分の価値を高める経験やスキルのことです。

簡単に言うとあなた個人の資産のことです。

例えば、ベタなものだと、学歴や仕事のキャリア、テストの成績です。

その他にも、話し方や問題処理能力、他人に与える第一印象もアイデンティティ・キャピタルに含まれます。

自己喪失を解決するためには、このアイデンティティ・キャピタルを積み上げることが必要かつ大切です。

具体的に何をするのか?

では、具体的に何をするかというと、目の前のことに熱中することです。

中学生や高校生ならテストの成績を上げることに熱中するのも良いでしょう。

部活に熱中するのも良いと思います。

大学生なら研究や就職活動に熱中するのも良いと思います。

社会人なら与えられた仕事やofficeツールを極めることに熱中するのも良いと思います。

重要なのはこれらに熱中した結果、あなたがあなた自身をより強く意識し、自信を持つことにあります。

自分という存在を明確にすることで自己喪失は解決します。自分の存在が明確になったのだから当たり前ですね。

まとめ

自己喪失の原因は、将来がわからないから。

でも、将来をわからないのは普通のことなので問題ない。

自己喪失を解決するために知っておくべき単語は、アイデンティティ・キャピタルです。あなた個人の資産のことです。

具体的には、何かに熱中することで自己喪失は解決します。熱中することであなたがあなた自身を明確に意識するからです。

では次の記事で会いましょう。バイバイ。

オススメの本と動画

オススメの本

オススメの動画

現状を打破したいあなたに贈る3つのステップ

今の環境を変えたい!と思っている皆様におすすめの3つの方法をご紹介します。

 

環境を変えたい !と思ったときの3つの方法

1.  現在の環境を紙に書きだす。

2.  自分が思う理想の環境をイメージして紙に書きだす。

3.  それほど親しくないレベルの知り合いに自分の現状を話す。

 

1. 現在の環境を紙に書きだす。

現在の環境を紙に書きだしてみてください。

例えば:

自分は今どういう環境にいるのか。

今の環境で上手くできている点はなにか。

今の環境で上手くできていない点はなにか。

なぜ今の環境を変えたいと思っているのか。

環境が変われば自分はどうなることができるのか。

このように、今の自分の環境を紙に書きだすことで、客観的に現状を見ることができます。

紙に書くことで、「自分のこの考えは間違っていない」、「あっちとこっちの考えは矛盾している」といったように頭の中を整理できます。

 

2. 自分が思う理想の環境をイメージして紙に書きだす。

現在の環境を整理できたら、次は自分が理想とする環境を紙に書きだします。

例えば:

自分の強みを発揮するにはどういう環境が良いのか。

自分の弱みを改善するにはどういう環境が良いのか。

自分の思う理想の環境は、現在の環境と比べてどう違うのか。

もし自分の理想とする環境を手に入れたら何を始めるのか。

もし自分の理想とする環境を手に入れたら何をやめるのか。

このように、理想の環境を紙に書きだすことで、自分が今欲しがっているものが何なのかを整理できます。

さらに、今の環境でも手に入れることができるものや、始められることが見つかるかもしれません。

 

3. それほど親しくないレベルの知り合いに自分の現状を話す。

自分の現在の環境と、自分が欲しいと思う理想の環境がわかったら、最後は人にじゃべってみましょう。

紙に書きだしたことをしゃべるだけですが、話す内容が頭の中できっちり整理されていないと意外としゃべることができません。

スラスラしゃべることができたら、あなたは自分の現状と、理想をしっかりと整理できたことになります。

ここでポイントが2つあります。

1つは、「それほど親しくないけど知っている」レベルの知り合いにしゃべることです。

理由は、しっかりと話を聞いてくれるからです。

親しすぎる友人だと、あなたのことを思いすぎて、あなたが全部話し終える前に積極的にアドバイスをくれたりします。

しかし、ここで必要なのは、あなた自身の考えをあなたの声で人に伝えることです。

なので、自分の話をしっかり、全部、最後まで聞いてくれる人を選ぶことがポイントです。

2つ目のポイントは、「とりあえず話してみる」ことです。

やってはいけないことは、

「考えがまとまらないから話すのはあとで」とか

「まだ現状と理想がわからないから話すのはあとで」というように、

自分の考えを他人に話すことを先延ばしにすることです。

自分の考えを人に話すことで、もやもやしていた部分も晴れてきます。

自分の考えを人に話すことで、「これって実は正しかったのかも」とか「これって実は間違いだったか」と気づくことができます。

自分の考えを人に話すことは、最初はつらい、恥ずかしいと思うかもしれませんが、勇気を出して「とりあえず話して」みてください。

そして安心してください。「あなたの言葉であなたの考えを話す」これができる人は最高にカッコいいです!

 

まとめ

1.  現在の環境を紙に書きだす。

2.  自分が思う理想の環境をイメージして紙に書きだす。

3.  それほど親しくないレベルの知り合いに自分の現状を話す。

SNSでもご購読できます。

人気記事一覧

コメントを残す

*