Webデザイナー 関連まとめ記事のまとめ

  • Webデザイナーってどういうお仕事しているの?
  • Webデザイナーのお給料ってどれくらいなの?
  • Webデザイナーの将来性って良いの?悪いの?

このような悩みをお持ちの読者様。

安心してください。調べました!

Webデザイナー の仕事内容は?

日本国内の場合、お客さんから「こういうサイト作ってほしい」と依頼されたときに、お客さんの言う「こういう」の部分を具現化することが、Webデザイナーのお仕事。

海外でWebデザイナーといった場合、Webサイトのデザインはもちろん行い、さらに、

  • プログラミング(Webサイトを実際につくるため)や、
  • SEO施策(作ったWebサイトにユーザーを呼ぶため)も、

Webデザイナーのお仕事になります。

ちなみに、Webデザイナーを名乗るために必要な資格はないです。

Webデザイナー のお給料のレベルは?

Doda(転職支援サービス)が2018年度の平均年収を調べているのですが、

その内「Webデザイナー」の平均年収は、

357万円

男性396万円

女性334万円

Webデザイナーの平均年収は、Career Gardenというサイトでも調べられています。

参考程度でご確認いただければと思います。

Webデザイナーの将来性ってどうなの?

日本的な「Webデザイナー」はマジで将来性がない!と感じました。

その理由は、上記で色々書きましたが、改めてまとめると、役割的に下っ端すぎるから、だと言えます。

一方、海外のWebデザイナーはWeb制作での担当範囲がかなり広範囲かつWebサイトの成功・失敗を決める重要な役割を担っています。そのためお給料も良いし、将来性も悪くはない。

映画のキャストでいうと、日本のWebデザイナーは「露天商A」なのに対して、海外のWebデザイナーは「準主役」みたいなイメージ、だと感じます。

では、どうすれば良い!?という話なのですが、

「クライアントから仕事をもらう役割」になることで将来性ない問題は解決できる、と判明しました。

(よくWebディレクターやWebプロデューサーを目指せ的なことが書かれていますが、奴らの年収もしょせんは400万円代の雑魚です。「戦闘力5」です。みんな栽培マンです。)

下の記事では、記事を書いた方がWebデザイナーから成りあがって、海外暮らしのリモートワークという新時代の自由を手に入れた経緯が書かれています。参考までにどうぞ。

【デメリットだらけ】女性がWebデザイナーの仕事を長く続けるのは難しい話

関連記事

Webデザイナー を欲しがっている企業を探す前編

【 IT業界 】経済産業省DXレポートまとめ前編

SNSでもご購読できます。

人気記事一覧

コメントを残す

*