Webデザイナー 関連まとめ記事のまとめ

  • Webデザイナーってどういうお仕事しているの?
  • Webデザイナーのお給料ってどれくらいなの?
  • Webデザイナーの将来性って良いの?悪いの?

このような悩みをお持ちの読者様。

安心してください。調べました!

Webデザイナー の仕事内容は?

日本国内の場合、お客さんから「こういうサイト作ってほしい」と依頼されたときに、お客さんの言う「こういう」の部分を具現化することが、Webデザイナーのお仕事。

海外でWebデザイナーといった場合、Webサイトのデザインはもちろん行い、さらに、

  • プログラミング(Webサイトを実際につくるため)や、
  • SEO施策(作ったWebサイトにユーザーを呼ぶため)も、

Webデザイナーのお仕事になります。

ちなみに、Webデザイナーを名乗るために必要な資格はないです。

Webデザイナー のお給料のレベルは?

Doda(転職支援サービス)が2018年度の平均年収を調べているのですが、

その内「Webデザイナー」の平均年収は、

357万円

男性396万円

女性334万円

Webデザイナーの平均年収は、Career Gardenというサイトでも調べられています。

参考程度でご確認いただければと思います。

Webデザイナーの将来性ってどうなの?

日本的な「Webデザイナー」はマジで将来性がない!と感じました。

その理由は、上記で色々書きましたが、改めてまとめると、役割的に下っ端すぎるから、だと言えます。

一方、海外のWebデザイナーはWeb制作での担当範囲がかなり広範囲かつWebサイトの成功・失敗を決める重要な役割を担っています。そのためお給料も良いし、将来性も悪くはない。

映画のキャストでいうと、日本のWebデザイナーは「露天商A」なのに対して、海外のWebデザイナーは「準主役」みたいなイメージ、だと感じます。

では、どうすれば良い!?という話なのですが、

「クライアントから仕事をもらう役割」になることで将来性ない問題は解決できる、と判明しました。

(よくWebディレクターやWebプロデューサーを目指せ的なことが書かれていますが、奴らの年収もしょせんは400万円代の雑魚です。「戦闘力5」です。みんな栽培マンです。)

関連記事

Webデザイナー を欲しがっている企業を探す前編

【 IT業界 】経済産業省DXレポートまとめ前編

現状を打破したいあなたに贈る3つのステップ

今の環境を変えたい!と思っている皆様におすすめの3つの方法をご紹介します。

 

環境を変えたい !と思ったときの3つの方法

1.  現在の環境を紙に書きだす。

2.  自分が思う理想の環境をイメージして紙に書きだす。

3.  それほど親しくないレベルの知り合いに自分の現状を話す。

 

1. 現在の環境を紙に書きだす。

現在の環境を紙に書きだしてみてください。

例えば:

自分は今どういう環境にいるのか。

今の環境で上手くできている点はなにか。

今の環境で上手くできていない点はなにか。

なぜ今の環境を変えたいと思っているのか。

環境が変われば自分はどうなることができるのか。

このように、今の自分の環境を紙に書きだすことで、客観的に現状を見ることができます。

紙に書くことで、「自分のこの考えは間違っていない」、「あっちとこっちの考えは矛盾している」といったように頭の中を整理できます。

 

2. 自分が思う理想の環境をイメージして紙に書きだす。

現在の環境を整理できたら、次は自分が理想とする環境を紙に書きだします。

例えば:

自分の強みを発揮するにはどういう環境が良いのか。

自分の弱みを改善するにはどういう環境が良いのか。

自分の思う理想の環境は、現在の環境と比べてどう違うのか。

もし自分の理想とする環境を手に入れたら何を始めるのか。

もし自分の理想とする環境を手に入れたら何をやめるのか。

このように、理想の環境を紙に書きだすことで、自分が今欲しがっているものが何なのかを整理できます。

さらに、今の環境でも手に入れることができるものや、始められることが見つかるかもしれません。

 

3. それほど親しくないレベルの知り合いに自分の現状を話す。

自分の現在の環境と、自分が欲しいと思う理想の環境がわかったら、最後は人にじゃべってみましょう。

紙に書きだしたことをしゃべるだけですが、話す内容が頭の中できっちり整理されていないと意外としゃべることができません。

スラスラしゃべることができたら、あなたは自分の現状と、理想をしっかりと整理できたことになります。

ここでポイントが2つあります。

1つは、「それほど親しくないけど知っている」レベルの知り合いにしゃべることです。

理由は、しっかりと話を聞いてくれるからです。

親しすぎる友人だと、あなたのことを思いすぎて、あなたが全部話し終える前に積極的にアドバイスをくれたりします。

しかし、ここで必要なのは、あなた自身の考えをあなたの声で人に伝えることです。

なので、自分の話をしっかり、全部、最後まで聞いてくれる人を選ぶことがポイントです。

2つ目のポイントは、「とりあえず話してみる」ことです。

やってはいけないことは、

「考えがまとまらないから話すのはあとで」とか

「まだ現状と理想がわからないから話すのはあとで」というように、

自分の考えを他人に話すことを先延ばしにすることです。

自分の考えを人に話すことで、もやもやしていた部分も晴れてきます。

自分の考えを人に話すことで、「これって実は正しかったのかも」とか「これって実は間違いだったか」と気づくことができます。

自分の考えを人に話すことは、最初はつらい、恥ずかしいと思うかもしれませんが、勇気を出して「とりあえず話して」みてください。

そして安心してください。「あなたの言葉であなたの考えを話す」これができる人は最高にカッコいいです!

 

まとめ

1.  現在の環境を紙に書きだす。

2.  自分が思う理想の環境をイメージして紙に書きだす。

3.  それほど親しくないレベルの知り合いに自分の現状を話す。

SNSでもご購読できます。

人気記事一覧

コメントを残す

*