アルゴリズム取引

アルゴリズム取引 (algorithmic trading)とは、あらかじめ決められたアルゴリズムにしたがって、機械的に売買する取引手法です。

アルゴリズム取引は、一般的には、マーケットの動向を加味しつつ、最適な価格、取引量、タイミングで自動的に発注することを指します。

マーケットの動向とは、具体的に、市場参加者の売買動向、政治関連のイベント、貿易関連のイベント、企業の業績イベント、発表される経済指標等です。

マーケットの動向に加え、自身の注文による市場への影響等を推定しつつ、注文を連続的に行う自動発注します。

SNSでもご購読できます。

人気記事一覧

コメントを残す

*