オルタナティブ投資

オルタナティブ投資 (alternative investment)とは、伝統的な資産である株式、債券、現預金に替わり得る代替的な資産、商品、運用手段への投資のことです。

オルタナティブとは、代替的という意味です。

目次

オルタナティブ資産の種類

オルタナティブ資産の例として、

  • 金や石油などの商品
  • ベンチャーキャピタル
  • ヘッジファンド

などが挙げられます。

オルタナティブ投資の特徴

オルタナティブ投資の特徴として、

  • 流動性が低い
  • 時価評価が難しい
  • リターンデータの履歴が少ない
  • 売買コスト、運用手数料が高い
  • 伝統的資産(株、債券)との相関性が低い、もしくは無い

があります。

以上の特徴から、オルタナティブ資産をオートフォリオに組み入れることで、リスク分散を図れます。

SNSでもご購読できます。

人気記事一覧

コメントを残す

*