クローズエンド型投資信託

クローズエンド型投資信託 (closed-end investment trust)とは、一般的に、株式会社の形態を取り、投資家が途中解約ができない、あるいは制限があるタイプの投資信託のことです。

ユニット型投資信託とも呼ばれています。

メリットとデメリット

投資家のメリットは、株式を取得して株主となり、運用益を配当として受け取るとともに、株式の上昇益も期待できます。

投資家のデメリットは、途中解約ができない、あるいは制限があるため、投資資金を回収したい場合、株式を売却する必要があることです。

投資信託会社のメリットは、資金の流出リスクがないことによる、安定運用が可能という点です。

一方で、資金の途中追加可能かつ途中解約可能な投資信託を、オープンエンド型投資信託といいます。

カレッジ型転職エージェント【かつやくカレッジ】

既卒・第二新卒・大学中退・フリーターから正社員の就職に成功できる。

かつやくカレッジは、いま話題のカレッジ型転職エージェントです。

かつやくカレッジの特徴

「就職まで」ではなく、正社員になって「活躍するまで」を支援します。

現在、新型コロナ対策として完全web化!ご自宅で受講できます。

今ならなんと!

★「就職トリプルお祝い金」10万円支給!

★サービスは全て完全無料

サービス利用の流れ

1. 申込み→web

2. 9日間のWEB就職講座に参加

3. 優良企業約20社とのWEB面接会に参加

4. 内定獲得!

5. 入社後も1年間継続的にサポートします!

 

SNSでもご購読できます。

人気記事一覧

コメントを残す

*