コンバージョンファクター

コンバージョンファクター (conversion factor)とは、債券先物取引において、売り方が決済時に現渡しを選択した場合に、受渡す現物債の数量を算出するための係数です。

日本語で、交換比率と呼びます。

先物取引で売り建てた場合、決済方法として、

  • 反対売買: 売り建てた数量を買戻して決済する方法
  • 現渡し: 売り建てた数量に該当する現物を差し入れて決済する方法

の2つがあります。

債券先物取引で取引されるのは、長期国債先物ではクーポン6%、残存期間10年の架空の債券です。

したがって、現渡しでの決済をする場合、同じ条件の現物債を現渡しできる可能性は非常に低いです。

そのため現渡しをする場合、売り建てた債券先物の決済時の価値と現渡しする現物債の価値を同等にする作業が必要になります。

この作業のときに使われるのがコンバージョンファクターです。

コンバージョンファクターは、受渡適格銘柄のクーポン、残存期間などから算出されます。

その結果、受渡適格銘柄ごとに異なった変換係数が存在し、残存期間の関係上、毎日変化します。

カレッジ型転職エージェント【かつやくカレッジ】

既卒・第二新卒・大学中退・フリーターから正社員の就職に成功できる。

かつやくカレッジは、いま話題のカレッジ型転職エージェントです。

かつやくカレッジの特徴

「就職まで」ではなく、正社員になって「活躍するまで」を支援します。

現在、新型コロナ対策として完全web化!ご自宅で受講できます。

今ならなんと!

★「就職トリプルお祝い金」10万円支給!

★サービスは全て完全無料

サービス利用の流れ

1. 申込み→web

2. 9日間のWEB就職講座に参加

3. 優良企業約20社とのWEB面接会に参加

4. 内定獲得!

5. 入社後も1年間継続的にサポートします!

 

SNSでもご購読できます。

人気記事一覧

コメントを残す

*