確定拠出

確定拠出 ( defined contribution)とは、国際会計基準では、個人別に勘定が設けられ、当該勘定に払い込まれた掛け金と運用による増減や費用支払いの結果に基づいて給付額が計算される制度です。

英語の頭文字をとって、DCと呼ばれることが多いです。

確定拠出の掛け金額は、それぞれの制度における掛け金額の定義にもとづいて、決定または変更できる場合があるので、必ずしも事前に確定するものではありません。

確定拠出では、長生きリスクや積立金の運用リスクなどについて、雇用主である企業が追加的な掛金負担の制度的な義務を負わないという特徴があります。

SNSでもご購読できます。

人気記事一覧

コメントを残す

*