受渡適格銘柄

受渡適格銘柄 (deliverable issue)とは、国債先物取引において、現渡しで決済を行う際に、売り方から買い方へ引き渡すことができる銘柄のことです。

債券先物取引では、標準物と呼ばれる架空債券が取引対象となるため、受渡決済では標準物に相当する現物債券が定められています。

長期国債先物取引においては、受渡決済期日に残存期間が7年以上の10年利付国債で、発行日の属する月が、受渡決済期日の属する月の3か月前以前のものが受渡適格銘柄となります。

なお、標準物と受渡適格銘柄では、利率、残存期間が異なるのが普通で、それを調整する目的でコンバージョンファクターという交換比率が用いられます。

現物債の価格から先物価格にコンバージョンファクターを乗じた値を減ずることで、受渡決済期日までのコスト等控除前の価格差が算定されます。

なお、コンバージョンファクターは各限月取引ごとに東証が発表しています。

SNSでもご購読できます。

人気記事一覧

コメントを残す

*