I-CAPM (アイ・キャップエム)

I-CAPMとは、ロバート・マートン(Robert Merton)によって、1973年に公表された資本市場理論です。

多期間CAPMとも呼ばれます。

I-CAPMでは、市場リスクを負担することに対して投資家が要求する見返りに加えて、将来の投資機会が投資家にとって不利な形で変化するリスクを反映して、期待リターンが決定されるという結論が導かれています。

SNSでもご購読できます。

人気記事一覧

コメントを残す

*