運用指図

運用指図 (investment instruction)とは、確定拠出年金において、加入者が個人別管理資産について行う運用の指図を指す語として使われます。

確定拠出年金法では、確定拠出年金は、個人または事業主が拠出した資金を個人が自己の責任で運用の指図を行い、高齢期においてその結果に基づいた給付を受けるものと位置付けられています。

運用指図を行う人には、

  • 加入者
  • 老齢給付金を受給中の人

が含まれます。

加入者は、事業主あるいは外部の金融機関の投資教育や、運営管理機関から提供される運用情報などを受けて、運営管理機関が提示する運用方法の中から1つまたは複数の者を選択し、それぞれに充てる金額を決定して、運営管理機関に指図します。

確定拠出年金法では、運用指図は、少なくとも3ヵ月に1回は行い得るものでなければならないとされています。

カレッジ型転職エージェント【かつやくカレッジ】

既卒・第二新卒・大学中退・フリーターから正社員の就職に成功できる。

かつやくカレッジは、いま話題のカレッジ型転職エージェントです。

かつやくカレッジの特徴

「就職まで」ではなく、正社員になって「活躍するまで」を支援します。

現在、新型コロナ対策として完全web化!ご自宅で受講できます。

今ならなんと!

★「就職トリプルお祝い金」10万円支給!

★サービスは全て完全無料

サービス利用の流れ

1. 申込み→web

2. 9日間のWEB就職講座に参加

3. 優良企業約20社とのWEB面接会に参加

4. 内定獲得!

5. 入社後も1年間継続的にサポートします!

 

SNSでもご購読できます。

人気記事一覧

コメントを残す

*