オプション

オプション (option)とは、対象となる資産や指数値の変動に対して、その価格や支払額(=ペイオフ)が、非線形となるものの総称です。

具体的には、原資産もしくは対象資産を、満期までの間に予め定められた価格で、買う権利もしくは売る権利の取引です。

予め定められた価格を、行使価格もしくはストライク価格と呼びます。

買う権利を、コール・オプションと呼びます。

売る権利を、プット・オプションと呼びます。

コール・オプションや、プット・オプションにおいて、

満期までの間いつでも行使できるタイプのオプションを、アメリカン・タイプ・オプションと呼びます。

満期日のみに行使できるタイプのオプションを、ヨーロピアン・タイプ・オプションと呼びます。

オプションの買い手は、自分に有利になる場合には権利行使し、自分に不利になる場合は権利を破棄します。

コール・オプション

コール・オプションとは、原資産を購入する権利です。

満期日におけるコール・オプションのペイオフ

満期日に、原資産の市場価格が行使価格より高かった場合

コール・オプションを行使して原資産を行使価格で購入し、直ちに市場で売却することによって、利益をえることができます。

つまり、原資産の市場価格 > 行使価格 の場合

コール・オプションのペイオフ = 原資産価格 - 行使価格

になります。

満期日に、原資産の市場価格が行使価格より低かった場合

コール・オプションを行使しても損失を被るだけなので、権利を破棄します。

つまり、満期日に、原資産の市場価格 < 行使価格 の場合、

コール・オプションのペイオフ = 0

になります。

プット・オプション

プット・オプションとは、原資産を売る権利です。

満期日におけるプット・オプションのペイオフ

満期日に、原資産の市場価格が行使価格より高かった場合

プット・オプションを行使しても損失を被るだけなので、権利を破棄します。

つまり、満期日に、原資産の市場価格 > 行使価格 の場合、

プット・オプションのペイオフ = 0

になります。

満期日に、原資産の市場価格が行使価格より低かった場合

プット・オプションを行使して原資産を行使価格で売却し、直ちに市場で買い戻すことによって、利益をえることができます。

つまり、原資産の市場価格 < 行使価格 の場合

プット・オプションのペイオフ = 行使価格 - 原資産価格

になります。

SNSでもご購読できます。

人気記事一覧

コメントを残す

*