オーバーパー

オーバーパー (over par)とは、額面を基準とした債券価格の状態を表したもので、額面鳥も債券価格が高い状態のことを言います。

オーバーパーの状態の債券を購入すれば、最終利回りは表面利率を下回ります。

オーバーパーの債券を購入して、満期まで保有すると、債券購入価格と額面の差額の分だけ損失が発生します。

この損失のことを償還差損と呼びます。

債券を発行する際に、額面価格よりも高い価格で発行することをオーバーパー発行、あるいは、割増発行 ( 英語でpremium issue ) と呼びます。

なお、額面よりも債券価格が低い状態のことをアンダーパーと言い、額面と債券価格が等しい状態のことをパーと言います。

SNSでもご購読できます。

人気記事一覧

コメントを残す

*