ROE (アール・オー・イー)

ROE (return of equity)とは、当期純利益を株主資本で割った数値です。

企業の収益性を評価する指標の1つです。

ROE単体の数値に限れば、高ければ高い方が良いとされます。

日本語だと、株主資本利益率と呼びます。

計算式は以下の通りです。

ROE = 当期純利益 ÷ 株主資本

分母の株主資本は、一般的には、期首・期末平均を使います。

ROEは分解できます ← デュポン分解

ROEは、下記のように分解できます。

ROE = 売上高当期純利益率 × 総資産回転率 × 財務レバレッジ

売上高当期純利益率は、企業のビジネスが、どれだけの効率的に稼いでいるかを表します。

総資産回転率は、企業がどれだけ手元の資本を有効活用しているのかを表します。

財務レバレッジは、企業が、自身のビジネスにどれだけレバレッジをかけているのかを表します。

ROEの使い方

ROEは、主に2つの場面でよく使われます。

1つは、株式投資のときの投資判定材料として使われます。

2つ目は、実際の企業経営のときの経営判断の材料として使われます。

共通している点は、企業の状況を把握するのに有効活用できるという点です。

ROEを分解することで、企業が展開しているビジネスモデルが、薄利多売なのか高収益なのかや、財務リスクはどの程度なのかを、数値的に把握することができます。

SNSでもご購読できます。

人気記事一覧

コメントを残す

*