イールドカーブ

イールドカーブ (yield curve)とは、デフォルトリスクと発行通貨が等しく、満期だけが異なる債券のスポットレートや最終利回りを縦軸に、残存年数を横軸にとってプロットした点を、スムーズな曲線で結んだものです。

利回り曲線あるいは金利の期間構造ともいいます。

縦軸に、各年限の代表的な銘柄の最終利回りや、パーイールドを取ったものを指す場合もあります。

イールドカーブのスティーブ化・フラット化

イールドカーブの形状は、様々な要因に基づき、時間の経過とともに動的に変化することが知られています。

例えば、将来の金利上昇が予想されれば、イールドカーブが右上がりとなり、曲線の傾きが急になります。

曲線の傾きが急になることを、スティーブ化といいます。

反対に、将来の金利低下が予想されれば、イールドカーブの傾きは緩やかになります。

曲線の傾きが緩やかになることを、フラット化といいます。

将来の金利が大幅に低下すると予想されれば、イールドカーブは右下がりになる場合もあります。

イールド戦略

需給の関係などで、特定の残存期間のスポットレートが高かったり、低かったりすることもあります。

中期債のみのレートが高い状態を、こぶ型といいます。

このようなイールドカーブの形状の特徴や将来の形状変化を予測して、リターンを獲得しようとする戦略を、イールド戦略といいます。

SNSでもご購読できます。

人気記事一覧

コメントを残す

*