コンサル (国内系) 企業 | 直近3年間で売上高が最も成長したのは?

コンサル-国内-売上高成長率比較-サムネイル

コンサル (国内系) 企業 | 直近3年間で売上高が最も成長したのは?

2016年3月期から2019年3月期の年平均売上高成長率を比較した。

比較した企業は以下の通り。

  • タナベ経営
  • シグマクシス
  • 山田コンサルティンググループ
  • ドリームインキュベータ

*4社とも日本会計基準3月決算、国内系コンサル企業

コンサル (国内系) 企業 | 直近3年間で売上高が最も成長したのは?

2016年3月期から2019年3月期の売上高年平均成長率。

1位は、ドリームインキュベータ。

2016年3月期から2019年3月期売上高年平均成長率は17.72%。

2位 山田コンサルティンググループ。

2016年3月期から2019年3月期売上高年平均成長率は13.64%

3位はシグマクシス。

2016年3月期から2019年3月期売上高年平均成長率は11.92%

4位はタナベ経営。

2016年3月期から2019年3月期売上高年平均成長率は2.92%

コンサル-国内-売上高成長率比較

コンサル-国内-売上高成長率比較

コンサル (国内系) 企業 | 4社売上高 規模比較

コンサル-国内-売上高比較

コンサル-国内-売上高比較

売上高規模が最も大きいのは、ドリームインキュベータ。

4社中、売上高の規模は頭一つ抜けている。

続いて山田コンサルティンググループとシグマクシス。

両社、売上高の規模は拮抗している。

売上高の規模が最も小さいのはタナベ経営。

まとめ

売上高の規模、成長率ともに1位だったのはドリームインキュベータ。

一方、売上高の規模、成長率ともに最下位だったのはタナベ経営。

企業規模が企業成長率に影響を与えている。

ネームバリューや評判がそのまま受注につながるという、コンサル企業の特徴と考えられる。

関連記事: コンサル (国内系) 企業 | 直近3年間で営業利益が最も成長した企業は?

SNSでもご購読できます。

人気記事一覧

コメントを残す

*